ホーム  > 経営コラム  > 今日のコンサルティング 組織内の摩擦はなぜ起こるか

山下淳一郎の経営コラム

CEOたる者はトップマネジメントチームを作らなければならない。『マネジメント』


今日のコンサルティング 組織内の摩擦はなぜ起こるか

ドラッカー

組織内の摩擦のほとんどが、たがいに相手の仕事、仕事のやり方、重視していること、目指していることを知らないことに起因する。問題は、たがいに聞きもせず、知らされもしないことにある。
ピーター・ドラッカー『明日を支配するもの』

成果をあげるべく仕事を進化させていく

創業したばかりのベンチャー企業でない限り、入社した際に引き継いだもの、教わった仕事は、当時は自分が教わる状態であるがゆえに、それが仕事と認識してしまう傾向にあります。それをこなしていれば、関連するほかの仕事と問題なく業務が進んでいくかのように信じられているように見えます。

そのような危険な無意識が、たがいに相手の仕事のやり方について、確認することに思い当たる機会をなくしています。目指していることなど考えるに至らず、仕事のやり方も問うことがない。

そこにある何らかの不満の対象を人間にあててしまうことが少なくありません。ゆえに、たがいの仕事をたがいが聞き合うこともせず、仕事があたかも形作られた仕組みの一部かのような錯覚に気がつかないまま進めてしまうのだと思われます。仕事を形作るのは、あなたであり、わたしであり、わたし達なのです。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.