ホーム  > 経営コラム  > 経営幹部が身につけていなけれならないもの

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


経営幹部が身につけていなけれならないもの

経営幹部が身につけていなけれならないもの

マネジメントとは仕事である。
したがって一定のスキルを必要とする。すべてに習熟することは
できないが、それぞれのスキルの中身、何ができるか、
何を要求しているかを知っている必要がある
ピーター・ドラッカー

経営幹部が身につけていなけれならない4つのこと

 

経営チーム山下淳一郎04.jpg
1.意思決定のスキル

既に私たちが身に染みて感じているように、
一つの課題を一つの専門性で対処できるような
シンプルな社会でなくなりました。
もはやロジカルシンキングなるものの意味は薄れています。
事業の全体を全体として考え抜き、
複数の選択肢から適切な手立てを
導き出すことが求められる中にあって
必要なのはロジカルシンキングではなくデシジョンメイキング、
すなわち意思決定のスキルです。

 

2.コミュニケーションスキル

あらゆる人が組織に属して仕事をしています。
人との意思の疎通があってこそ仕事が行われます。
成果をあげるために、人間関係の良し悪しを越え、
仕事上どのように作用し合うことが効果的なのかという
視点をもつことは必至です。そのような中にあって必要なのは、
コミュニケーションスキルです。

 

3.管理のスキル

組織は、一人ひとりが得意なものを発揮してこそ成果をあげます。
同時に仕事は適切に配列されるからこそ円滑に進められ、
成果をあげることできます。そのために適切なことを適切に行い、
仕事の基準を高め、組織がなす仕事の精度を
あげていくことが求められます。そのような中にあって必要なのは、
管理のスキルです。

 

4.分析のスキル

この世に単体の都合だけで進行し、
運行されているものなど何ひとつありません。
組織の明日を創り出していくためには、
経験値や勘で手を打っていくのではなく、
客観的な視点から検証されたアクションを起こしていく必要があります。
そのような中にあって必要なのは、
分析のスキルです。

 

 

日本に来たドラッカー140207.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,800円(税別)

『ビジョナリ―・カンパニー』の著者、ジム・コリンズはこう語る。
この世にあって何がしかの責任を担う者であるならば、
ドラッカーとは、いま読むべきものである。明日読むべきものである。
10年後、50年後、100年後にも読むべきものである。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.