ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 何を行うべきかを明らかにする

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 何を行うべきかを明らかにする

ドラッカー

生産性を決定するものは、働く人たちの動機である。手っ取り早く効果的に生産性を向上させる方法は、何を行うべきかを明らかにすることである。
ピーター・ドラッカー『マネジメント・フロンティア』

従業員にヒアリングする

経済的報酬だけで、従業員の忠誠心を獲得することはできません。従業員は、価値ある役目を担う価値ある存在であることを望んでいます。従業員が仕事をしやすく、成果をあげやすい状態をつくることも経営者にとって重要な仕事のひとつといえます。経営者の、従業員に対する具体的なヒアリングポイントともいうべき、コミュニケーションは次のようなものが考えられます。ぜひ、従業員に試してみてください。

ヒアリングポイント
  1. あなたの仕事について何を知らなければならないか?
  2. この組織について、気になることはないか?
  3. わたしに聞きたいことはないか?
  4. われわれが、手をつけていない機会はどこにあるか?
  5. われわれが、まだ気が付いていない脅威はどこにあるか?
  6. うまくいっていることは何か?
  7. うまくいっていないことは何か?
  8. 何を改善しなければならないか?
  9. あなたの助けになるようなことをわたしはしているか?
  10. あなたの邪魔になるような何かをわたしはしているか?

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.