ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 トップマネジメントチームの編成

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 トップマネジメントチームの編成

経営者の仕事

成長の意欲にあふれた企業がワンマンでマネジメントできる規模を超えたときに
トップが行うべきことがトップマネジメントチームの編成である。
トップ自身がボスからリーダーに脱皮することである。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

ミッションとビジョンを発信しているか否かを問いただす

 

成長している会社を見ると、まったくタイプの違う人間が一枚岩となって事業を進めてきたことがわかります。キャノンの御手洗毅氏と川口氏。ソニーの井深大氏と盛田昭夫氏。ホンダの本田宗一郎氏と藤沢武夫氏。戦後、急成長したホンダは4度の経営危機に遭遇します。その危機を乗り切ったのは常に藤沢武夫氏の舵取りによるものでした。このように成長は、それそれが自分の得意とする領域で強みを最大限発揮し、それそれの役割を果たすことによって成長を遂げています。

 

成長してきた会社はなぜそのような出会いに恵まれたのか。その出会いを単なる運命的なもので終わらせていいはずがありません。本田宗一郎氏は、”自分は世界一速いクルマをつくりたい。マネジメントをやってくれる人はいないか。そんな人がいたら教えてほしい”ということを常々発信されていたそうです。そんな本田宗一郎氏の呼びかけがあって、本田宗一郎氏と藤沢武夫氏を引き合わせる人が現れ、本田宗一郎氏と藤沢武夫氏は出会いました。

 

このように出会いとは、神の采配によるものではなく強い意思に基づく「呼」と「応」が相まって生じるものです。つまり、出会いはミッションとビジョンを発信することによってそれに賛同する人がそこに現れる」という事象なのです。同じミッションとビジョンのもと、それぞれが得意とするものを発揮するとき、事業は成長する力を持つに至ることができます。異なる価値観をもった人間が、同じ条件下で仕事をしていくためには「共有された目的」を持つ必要があります。言うまでもなく、目的がバラバラであれば何も機能し得ないからです。ゆえに、人材に悩む時こそ、まずトップである自分が価値ある魅力的なミッションとビジョンを発信しているか否かを問いただすことが、事業の成長を支えるものとなります。

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.