ホーム  > 経営コラム  > 今日のコンサルティング 経営会議"組織の主役は従業員"

ドラッカーに学ぶ ”経営コラム”

ドラッカーの名言からの学びを山下淳一郎がお伝えしています。


今日のコンサルティング 経営会議"組織の主役は従業員"

CEO

今日、事業の目標や未来のビジョンはトップマネジメントのだけが決めているのでははい。意思決定の責任はトップにあるが、意思決定それ自体は大勢の人たちの判断の結果として行われている。
ピーター・ドラッカー『創造する経営者』

知識労働者が主役

仕事の

中心的存在は知識です。その知識とは人が所有している暗黙知です。その暗黙知は情報という形式知となって人から人へ移動し、とどまることはありません。それらの専門性は、ノウハウという実践知となって細分化されていく一方です。そのノウハウが生み出されるのは、会議室ではなく現場です。

事業の目標や

未来のビジョンが生み出されるのも現場です。トップマネジメントは、知識を資源にして働く労働者を成果をあげる存在にするため、知識を資源にして働く労働者を動機づけしていかなければなりません。

主役はもはや従業員

であり、トップマネジメントの役割は、いかに成果をあげやすくするかという支援に尽きます。ぜひ、従業員が新しい成果をあげやすくするために、できることを見つけてください。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.