ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 機会、達成、自己実現、価値

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 機会、達成、自己実現、価値

000011098097.jpg

知識労働者も、経済的な報酬を要求する。報酬の不足は問題である。だが、報酬だけでは十分でない。知識労働者は機会、達成、自己実現、価値を必要とする。彼らは、自らを成果をあげる者にすることによってのみ、それらの満足を得ることができる。
ピーター・ドラッカー『経営者の条件』

多くの経営者の方と

お話する機会があります。経営者の方とお話しする際に多く耳にする言葉がことがあります。それは、「最近、あの社員は成長していない」といったものです。そこでその社員の方に新しい仕事をさせて いますか?、と尋ねると、「入社以来、同じ仕事をさせている」といった返事が返ってきます。人は挑戦的な仕事によってのみ成長します。

かつて、わたしは社員の頃、上司から「とにかく売上が上がれば何でもいい」と言われたことがあります。恐らく、業績に瀕していて大変だったかも知れません。上司が抱える責任の重さもわからなかった当時の私は、「とにかく売上が上がれば何でもいい」という言葉に 物足りなさを感じざるを得ませんでした。

売上だけを目的とする、その会社に物足りなさを感じたのです。その仕事にどのような価値があるのだろうか?。というより、価値のない仕事とさえ疑いました。「御社の成果は何でしょうか?」このように問うと、ほとんどの経営者は、「売上ですよ」と即答されます。しかし、本当にそうでしょうか?。本当に、売上、利益以外の成果はないのでしょうか?。たしかに、売上、利益以外の成果は何か、という問いに対して、即答される経営者の方は多くいません。

事業は、顧客に向けられたものです。最終的に顧客にたどり着くものです。であるならば、成果は、顧客と共有できるはずです。成果は、組織の中ではなく、組織の外にあるものであり、顧客の変化の中にこそあります。そして、社員は仕事で成果を出し、社会で貢献している実感を得たいと願っています。売上、利益 以外の成果を定義することが、社員一人ひとりの責任感と誇りを促し、社員一人ひとりの力も発揮され、社員一人ひとりの成長の機会をつくっていくのです。 「われわれの成果は何か?」について取り組まれ、御社の社員がさらに成長していかれることをお祈りし ています。

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.