ホーム  > 経営コラム  > 今日のコンサルティング トップマネジメントチームの構成

山下淳一郎の経営コラム

CEOたる者はトップマネジメントチームを作らなければならない。『マネジメント』


今日のコンサルティング トップマネジメントチームの構成

managementkenshu_l.jpg

創業者をはじめとする主な関係者の一人ひとりが、それぞれの強みに応じて、いずれの活動を担当すべきか、いずれの活動に適しているかを考えなければならない。こうして、トップマネジメントチームを構成できるようになる。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

会社全体に関わるトップマネジメントのチームは、

もっとも組織することが困難な組織です。人選したからといってチームとして機能するわけでは ありません。ドラッカー教授が教えてくれているように、それぞれが持つ特有の強みに応じて仕事を組み立てる必要があります。

事業を中心に考えるものでもなければ、人を中心に考えるものでもありません。また、チームのためのチームを考えるものでもありません。あくまでも、お客さまにとってベストなチームを組むということこと、組織が繁栄し、存続していくうえで忘れてはならないものです。

  1. 存続と成功がかかっている活動は何か。
  2. 創業者が得意とするものは何か。
  3. 主な関係者の一人ひとりが得意とするものは何か。
  4. それぞれの得意とするものに応じて担当する活動を決める。
  5. 重要な仕事は、すべて実力のある者が担当する。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.