ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 顧客は誰か

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 顧客は誰か

われわれの顧客は誰か?

われわれの事業を知るための第一歩は、「顧客は誰か」という問いを発することである。現実の顧客は誰か、潜在的な顧客は誰か、顧客はどこにいるのか、顧客はいかに買うか、顧客はいかに到達するか、を問うことである。
ピーター・ドラッカー『現代の経営』

顧客は誰かをあらためて定義する

ことで見えていなかったものが見えくることが多くあります。見えていなかったものが見えたことで、事業を新しい次元に進化させることに成功し、顧客を飛躍的に拡大した例は枚挙に暇がありません。

たとえば、わたしたちがよく知っているアスクルは、顧客を「30人以下の小規模事業所」と定めました。そのことで、「多頻度小口配送サービス」という事業コンセプトが生まれ、新たな市場を生み出しました。結果、文具メーカーから始まったその事業は、今日では、オフィスに必要なものお届けする「流通事業者」となりました。

多頻度小口配送サービス

また、任天堂の「Wii」は、顧客を「家族」と定義したことで、家族の誰もが楽しめる家庭用ゲーム機を開発し、新たな顧客を生み出しました。顧客になっていない顧客を顧客を定義し、その顧客を顧客にするために何が必要を考え、誰もが感覚的に操作できるリモコンが開発されました。現実、ゲームを家族で楽しまれるようになったことは、あえて言うまでもありません。

ゲームを楽しむ家族

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.