ホーム  > 経営コラム  > 経営者向けの講演「成長している企業が行ってきたこと」

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


経営者向けの講演「成長している企業が行ってきたこと」

経営者の仕事

一人のトップマネジメントからトップマネジメントチームへの
移行がなければ、企業は成長どころか存続もできない。
成功している企業のトップの仕事は、チームで行われている。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

ミッションが事業の成長の第一歩

 

事業で重要なことは最大化ではなく最適化です。
しかし、事業が成長しないことは経営者として向かい合うべき重要な問題の一つです。
会社は、ワンマンで経営を行っている以上、ある一定のところで成長は止まります。
事実、成長している会社は例外なく経営をチームで進めています。

 

ソニーは井深大氏と盛田昭夫氏。キャノンは御手洗毅氏と川口氏。
ホンダは本田宗一郎氏と藤沢武夫氏。戦後、急成長したホンダは
4度の経営危機に遭遇しますが、危機を乗り切ったのは常に藤沢武夫氏の
勇気ある舵取りによるものでした。
このように、それそれがそれそれの役割を果たすことによって
はじめて事業を成長させていくことができます。

 

また、創業期には運命的とも思える出会いがあり、
盟友と言える仲間とともに対等な立場で経営を進めてこられています。
なぜ成長してきた会社はそのような出会いに恵まれたのでしょうか。
本田宗一郎氏は、”自分はモノづくりがしたい。マネジメントをやってくれる人が必要だ。そ
んな人がいたら教えてほしい”ということを発信していました。
つまり、「自分がしたいこと」と「自分に必要なもの」をはっきり伝えていたわけです。
事実、本田宗一郎氏と藤沢武夫氏を引き合わせる人があって
本田宗一郎氏と藤沢武夫氏は出会っています。

 

出会いは、ミッションを発信することによって
それに賛同する人がそこに現れるという事象と言えます。
出会いとは、神の采配ではなく強い意思に基づく「呼」と「応」が相まって生じるものです。
同じミッションのもと、それぞれが得意とするものを発揮するとき
事業は成長する力を持つに至ります。ゆえに、ミッションを持つことが、
事業の成長の第一歩と言えるのです。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.