ホーム  > 経営コラム  > 生産性を高める6つのこと

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


生産性を高める6つのこと

ドラッカーT

生産性を向上させる条件は、大きなものだけで6つある。
仕事の目的を考えさせる。生産性向上の責任を負わせる。
イノベーションを行わせる。継続して学ばせる。
量より質であることを理解させる。
彼らをコストではなく資産として遇する。
ピーター・ドラッカー

働く人が自発的にやる気を起こし、
創意工夫したいと思える組織運営を確立する

 

生産性とは、「費やした労力に対して得られる成果の度合いのこと」です。言うまでもありませんが、費やした労力に対して得られる成果が低ければ「生産性が低い」といい、費やした労力に対して得られる成果が高めれば「生産性が高い」ととなるわけです。どんな会社も、費やした労力に対して得られる成果をより高いものにしたいと考えています。いま、このページを読んでらっしゃるあなたも、「費やした労力に対して得られる成果をより高いものにしたい!」とお考えになられているかもしれませんね。では、生産性を高めるためにはどうすればいいのでしょうか?。、ドラッカー教授はこう言っています。「生産性を向上させる条件は、大きなものだけで6つある。仕事の目的を考えさせる。生産性向上の責任を負わせる。イノベーションを行わせる。継続して学ばせる。量より質であることを理解させる。彼らをコストではなく資産として遇する」。

 

モノづくりで成功をおさめてきた日本は、「体を動かす仕事」大半を占めていました。1990年代を境に仕事のやり方が大きく変化しました。「知識を使って価値を生む仕事」が仕事の大半を占めるようになりました。「体を動かす仕事」は仕事の内容は予め決められています。したがいまして、「体を動かす仕事」は「何を行うか」ではなく、「どのように行うか」を考えればよかったのです。

 

事実、「知識を使って価値を生む仕事」は、今年社会人になった新人の人でさえ、出勤したらメールをチェックするか、上司に報告するか、会議の議事録を書くかは、自分の判断で決めて仕事にあたっています。「知識を使って価値を生む仕事」は、「どのように行うか」ではなく、「何を行うか」を考えなければなりません。これが大きな変化です。もっと大きな変化があります。それは経営者の仕事が大きく変わったということです。「働く人が自発的にやる気を起こし、創意工夫したいと思える組織運営を確立すること」が経営者の仕事になりました。そのために、次の6つを組織運営に組み込んでいってください。「費やした労力に対して得られる成果をより高いものにすることができます。

 

  1. 仕事の目的を明確にする
  2. 生産性向上を仕事にする
  3. 変革を仕事にする
  4. 継続して学ぶことを仕事にする
  5. 仕事の量より仕事の質を見ていく
  6. 価値を生んでくれる人として敬意をもって接する

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.