ホーム  > 経営コラム  > 経営チームについて 300名の企業 "理念浸透の具体的取り組み"

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


経営チームについて 300名の企業 "理念浸透の具体的取り組み"

7274585.jpg

組織の焦点を使命に合わせ、戦略を定め、実行し、
目標とすべき成果を明らかにする人間が必要である。
このマネジメントには大きな力が付与される。
しかし、知識組織におけるマネジメントの仕事は、
指揮命令ではない。方向づけである。
ピーター・ドラッカー『ポスト資本主義社会』

 

ドラッカー教授は、処女作『経済人の終わり』で、
人間を人間以下にさえするかのような人間不在の権力に対し、
真っ向から否定する立場を明確にされました。
そのうえで、社会の正統性と秩序をもたらす何かが必要であり、
その胎動は既に観られるとされました。

 

『産業人の未来』において、
前作で述べられた社会の正統性と秩序の実在を
「組織社会」であるとされました。ドラッカー教授は、
組織社会の到来を予見し健全な組織社会であるために
必要なものに関心を注がれました。
その社会愛に満ちたドラッカー教授の強い関心は、
ドラッカー教授ご自身を、マネジメントに導かれました。

 

資本主義の次の社会である、ポスト資本主義社会は、
「知識が資本となり、その知識は異なる知識と
結合してはじめて価値を発揮する」がゆえに、
社会は、まさに、組織から構成される社会です。
ドラッカー教授は、「その知識と組織の2つは相互依存の関係にある」ことを
主張されつつ、社会の主体者として生きるわたしたち人間が
「それを認識する必要がある」ことをドラッカー教授は、
教えてくれている気がします。

 

それでは、何を認識するのか。
それは、「表面的な方法論ではなく根本的な原理原則の必要性」です。
それは、「教わるものではなく学ぶもの」としての対象であり、
従来の授業的のような研修で得ることができるものでなくなりました。
いま、現存するさまざまな、経営のあり方、仕方、人材育成、学習方法、
組織の在り方、組織運営などなど・・・、
多くのものが、「社会の変化に応じた進化」を求められています。
そのような変化の時代にあって、

「どのような方向づけをしているか?」

常に問い続けたいものですね。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.