ホーム  > 経営コラム  > 今日のコンサルティング 2000名の企業" 反対意見を奨励する"

山下淳一郎の経営コラム

CEOたる者はトップマネジメントチームを作らなければならない。『マネジメント』


今日のコンサルティング 2000名の企業" 反対意見を奨励する"

意思決定

 意思決定についての文献のほとんどが、まず事実を探せという。成果をあげる決定は、決定についての文献の多くが説いているような事実についての合意からスタートすることはない。正しい決定は、共通の理解と、対立する意見、競合する選択肢をめぐる検討から生まれる。
ピーター・ドラッカー『経営者の条件』

議論に議論を重ねる進め方が理想

反対意見が言えない組織は、脳死してしまします。つまり、人が自分自身でものを考えないようになってしまいます。

GM(ゼネラルモータース社)の元CEOであるアルフレッド・スローンは、会議が満場一致のときは、意思決定しなかったそうです。「この問題について、異なる見解を引き出し、もっとよく理解する必要があるので、決定を次回まで延期したい」。

反対意見を発言し合う場をつくり出し、物事に対する認識を深めていったそうです。ぜひ、反対意見を発言し合う場をつくってください。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.