ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 ビジョンを創造する

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 ビジョンを創造する

ビジョン.jpg

真のリーダーは、人間のエネルギーとビジョンを創造することが自らの役割であることを知っている。
ピーター・ドラッカー『未来企業』

ビジョンを描く

という言葉は、そもそもおかしいような気がしないでもありません。それは。

  • ミッション(使命)は、全人格的闘争によって未来に実現しようと思うもの
  • ビジョンは、ミッションが実現したときの状態を映像化したもの

です。つまり、ビジョンは、「既に描かれた意味を有している」のです。そのような理由で、「ビジョンを描く」という言葉の言い回しにわずかな違和感を覚えるのです。

それはそれとして、わたしたち人間は、自分の能力を無限に掘り起こせる能力を持ち合わせながらも、習ったことしかできないといった認識も有しています。

良いエンジンをもった車だからといって、けっして、いい走りをしてくれるわけではありません。運転手がいい運転をすればいい走りにもなり、運転手が乱暴な運転をすれば、事故も起こります。わたしたち人間もそれと同じです。つまり、

能力を使う能力


を無視することはできません。知らないことを知る、知らないことを教わる、わからないことを理解する、それらの行為を学習と呼んでいます。しかし、自分自身を学習することや理想と考える未来を言語化することは、義務教育ではおろか、大学でさえもあまり教えられていません。

自分たちの組織が理想とする未来の姿

それらが明確であってこそ、持っている能力は仕事でいかされ、組織で発揮されます。かつ使われていなかった能力さえ無限に掘り起こしてくれます。

ドラッカー教授は、「真のリーダーは、人間のエネルギーとビジョンを創造することが自らの役割であることを知っている」と述べられています。

学びは必須です。しかし、その前に、働く人一人ひとりの持てる強みを最大限に引き出し、一人ひとりに内在するミッションとビジョンを掘り起こすことが、組織のリーダーの重要な役割です。"人材育成 の前に 人材開発"です。

同時に、自分が持つ強みを最大限に活用し、自身に内在するミッションとビジョンを掘り起こすことが、必須なのではないかと思います。"スキルを教わる ことより 自分を学ぶこと"が大切です。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.