ホーム  > 経営コラム  > 経営チームについて 柔道戦略を検討する

ドラッカーに学ぶ ”経営コラム”

私たちは、年商100億円から300億円の企業様に経営チームをつくるお手伝いをしています。


経営チームについて 柔道戦略を検討する

経営会議3.jpg

失敗のほとんどは、戦略を知らないことが原因である。適切な戦略によってかなりの確率で成功させることができる。戦略には四つある。総力戦略、ゲリラ戦略、ニッチ戦略、顧客価値戦略である。そのうちの二つを組み合わせ、時には、三つを組み合わせ一つの戦略とすることができる。
ピーター・ドラッカー『イノベーションと企業家精神』

ドラッカー教授の柔道戦略とは

 

戦略は、「幸せなお客様を創り出すため」のものです。「ニーズに始まり満足に終わる」ための道筋です。最終目的は、「幸せなお客様を創り出すため」のもので、けっして儲けることではありません。

 

柔道戦略とは、競合他社の隙を狙う戦略です。ポイントは、現在トップの地位を獲得している企業と正面切って競争しないということです。少なくともその企業が挑戦を気にしたり、脅威と見なしたりする分野では競争しないことです。実際に、ソニーやトヨタ自動車やホンダがこの戦略を使って大成功し、アメリカの企業を脅かせてきました。トップの企業が自己満足の状態にあるときに、うってつけの戦略です。戦略を成功させるためには、トップ企業は、市場を創り出したことで、顧客のニーズを見過ごしたりする時や、自社の成功に酔い、商品・サービスの最適化を怠り、最大化を目指す時に有効です。

 

市場が急速に変化しているからこそ、市場向けに最適の商品・サービスを設計されることをお勧めします。はじめに、市場を調べて、この戦略に対する抵抗が最も小さくて最も成功しそうな分野を探しましょう。そのうえで、既存の商品¥サービスと差別化を実現しましょう。ポイントは、トップ企業が守ろうとしない海岸の一角を確保し、その後、市場手に入れたあと、次の一角を確保し、市場全体を確保するというステップで進めることをお勧めします。

 

この戦略をひとつ選び取るということではなく、4つのうち2つ、または、3つを組み合わせることによって、御社独自の戦略を生み出すことができるものです。

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.