ホーム  > 経営コラム  > 【近代中小企業】 2010年11月号に掲載されました。

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


【近代中小企業】 2010年11月号に掲載されました。

近代中小企業11月号.jpg

変化を観察しなければならない。その変化が機会かどうかを考えなければならない。本物の変化かを考えなければならない。見分け方は簡単である。本物の変化とは人が行なうことであり、一時の流行とは人が話すことである。
ピーター・ドラッカー『ネクスト・ソサエティ』

変化が常態

まだ結果に至っていない、いま起っている原因。その原因の中で、自分たちの事業が影響を受けるものはあるか?。もしあるとすれば、それは未来にどのような影響を受ける可能性があるか。それを見極めて、事業を存続させるために未来に備えることは経営者の重要な責任です。

周囲に起っていることを観る。事業が起った変化に適応するだけの主体性を失った姿にならないためにも、明日の結果である、今日の原因を発見することは、経営者の重要な仕事です。

以前は、経営者が優秀であれば、いい組織を構築し、業績をあげることもできました。「何をするか」は、トップが考え、現場は「どのように行うか」を考えればよかったからです。今日は、現場の一人ひとりが自分で自分の仕事を進化させていかなければ、事業は立ち行きません。現場から顧客の変化を吸い上げることは、死活的に重要な仕事となりました。(一部紹介)

発行:中小企業経営研究会
http://www.datadeta.co.jp/

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.