ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 トップマネジメントチームの構築

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


ドラッカーに学ぶ経営者の仕事 トップマネジメントチームの構築

トップマネジメントチーム

客観的な指標によって、成長することが明らかになったならば、やがて必要となるトップマネジメントチームの構築が急務である。まず創業者自身が、事業にとってとくに重要な活動について主な関係者と相談しなければならない。
ピーター・ドラッカー『イノベーションと企業家精神』

重要なことについては関係者と相談しながら進める

経営者は、会社の未来を考えつつも仕事の多くは日々の問題解決に追われています。その時間のなさゆえに、重要なことさえも話し合われないまま、考えの食い違いが大きくなっていきます。

やがて仕事の意味を伝える時間もないためか、やる事だけを伝えるようになります。これが、経営をチームで行うことを阻害する原因です。

経営幹部は、事業部の責任者を兼任しています。ゆえに会社全体のことよりも事業部に重心が置かれてやむを得ないのです。会社全体を考えざるを得ない責任を与えることによって、経営幹部は間違いなく、会社全体を考えるようになっていきます。

トップ自身がすべて決めてしまうのではなく、重要なことについては関係者と相談しながら進められる状態をつくりあげてください。

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.