ホーム  > 経営コラム  > 今日のコンサルティング 1100名企業のCEOと2時間電話で

山下淳一郎の経営コラム

CEOたる者はトップマネジメントチームを作らなければならない。『マネジメント』


今日のコンサルティング 1100名企業のCEOと2時間電話で

われわれの使命は何か

目標に照らして自らの仕事ぶりと成果を評価測定できなければならない。それらの情報を手にすることは不可欠である。しかも必要な措置が取れるよう、それらの情報を早く手にしなければならない。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

なぜ、経営理念が浸透しないのか

今日は、あるCEOと電話で2時間懇談をしました。"経営理念が浸透しないので困っている"というテーマでした。トップがミッションを連呼したり、従業員にミッションを復唱させたりしたとしても忙しい日々の業務に追われ忘れ去られてしまうのが現実です。経営理念とは行動の基となる考え方です。ゆえに、経営理念の浸透とは、一人ひとりがミッションのために仕事をしている状態のことを指します。

経営理念を浸透させるためには、まず2つの取り組みが必須です。一つは、なぜそのミッションが重要なのかを理解してもらうことです。もう一つは、ミッションからつくられた目標に照らし合わせて、従業員一人ひとりが、自分で自分の仕事を測定できるようにすることです。

その測定結果の内容が、具体的に何をすべきか教えるものとなります。結果として、ミッションが日常の仕事に落とし込まれている状態をつくりだすことができます。ミッションとは、顧客に貢献できる何か、であることは言うはまでもありません。加えて、ミッションに貢献した人をどのように賞賛するかも決めてください。

  1. ミッションの重要性を伝えていってください。
  2. ミッションから目指すべき目標をつくりだしてください。
  3. 一人ひとりが自分で自分の仕事を測定できるようにしてください。
  4. ミッションに貢献した人をどのように賞賛するかを決める。

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.