ホーム  > 経営コラム  > ドラッカーに学ぶ経営人材の育成 1700名企業の人材育成

ドラッカーの名言

私たちは、年商100億から300億の企業様に経営チームの支援をしています。


ドラッカーに学ぶ経営人材の育成 1700名企業の人材育成

ドラッカー

仕事が刺激を与えるのは、成長を期しつつ、自ら仕事の興奮と挑戦と変化を生み出すときである。これが可能となるのは、自らと仕事の双方を新たな次元で見るときである。
ピーター・ドラッカー『非営利組織の経営』

こうして次世代の人材を創る

 

本日は、あるIT企業の経営会議に同席させて頂きました。次世代の人材を育成するために何をしていくべきかというテーマに多くの時間が使われました。優秀な人材を育成したいー。組織を牽引してくれるリーダーを育てたいー。これらは、あらゆる組織の共通の課題です。マネジメントする役割を持たないままマネジメントの力を身に付けることは不可能です。マネジメントに限らず、本当の力は試行錯誤の中で成功と失敗を繰り返して身に付くものです。ゆえに、マネジメントの力を身に付けてもらうためには、マネジメントする役割を持たせることが絶対条件になります。

 

マネジメント力をつけてもらうためには、責任と権限が伴う仕事を必要します。ところが現実は、責任も権限も持たされないままマネジメント力を身に付けよと言われている場合が多くあります。仮に、責任と権限を渡したとしても、上司はついつい口を出してしまい、結果、部下の成長を邪魔することにもなり兼ねません。

 

そうならないためにも上司は、「さらに、組織全体の成果に良い影響を与えることができる仕事は何か」について、考え抜く必要があります。きっと、たくさんの仕事があるはずです。仕事の質と量は、部下だけでなく上司とともに考え抜くとより効果が得られます。そうすることによってマネジメント力を身に付けてもらいたい人に、責任ある仕事を担ってもらえることが可能になります。

  1. 上司はさらに組織に貢献できる新しい仕事を持つ。
  2. 部下に責任と権限が伴う仕事を持たせる。
  3. 部下にマネジメントする役割を持たせる。
  4. 部下に、実質的な育成がなされる。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.