ホーム  > 経営コラム  > 今日のコンサルティング 組織の成長に差を付けるもの

山下淳一郎の経営コラム

CEOたる者はトップマネジメントチームを作らなければならない。『マネジメント』


今日のコンサルティング 組織の成長に差を付けるもの

ドラッカー 9XSmal.jpg

あらゆる組織が、自らの成果とすべきものを知らなければならない。あらゆる組織が、自らの目的とするものを明確にするほど力をもつ。 評価の基準となる明確な尺度をもつほど大きな成果をあげる。
ピーター・ドラッカー『ポスト資本主義社会』

あげるべき成果と起こすべき行動

上司は部下の、部下は上司の行動に多くの関心が注がれています。その行動は成果をあげるためのものであるにも関わらず、あべるべき成果が明らかにされていない会社が多くあります。仕事で重要なのは行動そのものではなく、その行動によって得られる成果なのです。

ありとあらゆる組織が、どんな成果をあげるための仕事なのかを明らかにしなくてはなりません。スキルを高めたり、新しい知識を身につけたりすることよりも、自分があげるべき成果を理解することが先です。それは、あげるべき成果がわかれば、どんなスキルを高めればいいか、どんな知識を身につければいいかといったことは、自ずと見えてくるからです。

あげるべき成果と起こすべき行動を明らかにし、 あげるべき成果に向かって起こすべき行動を起こしていくー。能力の高さや知識の多さよりも、あべるべき成果と起こすべき行動をどれだけ明らかにしているかどうかが、それが組織の成長に大きな差をもたらします。いまこれを読まれている経営者のあなた、ぜひ明日にでも、あなたの組織の成果と働く一人ひとりが起こすべき行動と明らかにしてみてください。きっと、いままで見えていなかったものが見えてくるに違いありません。

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.