ホーム  > 経営コラム  > 世界大恐慌の教訓

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


世界大恐慌の教訓

ドラッカー 経営者の仕事

経営者には、外部の人間の客観的なアドバイスが必要である。意思決定について話し合い、耳を傾けることのできる相談相手を必要とする。経営者の判断や強みを問題にできる外部の人間が必要である。
ピーター・ドラッカー『イノベーションと企業家精神』

他者の考えを自分の頭脳として活用する

 

1929年の大恐慌、多くの企業が一夜にして姿を消しました。当時、法的な面から倒産した企業の事後処理を担当したのが、マービン・バウワーという人でした。彼は、その仕事に携わる中で、打つべき時に打つべき手立てが打たれていれば、9割の企業は存続できていたであろうと考えました。やがてその考えは、経営者には外部からの支援が必要であるという確信となりました。

その後、マービン・バウワーは、マッキンゼー・アンド・カンパニーという会社のトップに就かれました。彼は、ドラッカー教授にアドバイスを受けながら企業が外部にパートナーを持つ慣習をつくり、マッキンゼー・アンド・カンパニーを世界を代表するコンサルティングファームに育て上げていきました。

外部のパートナーを持つということは、自分と異なる視点をもった専門家の考えを自分の頭脳として活用するということです。それは、起こった問題に対する解決よりも、望む未来を手に入れるために必要な行動に重点が置かれます。結果として、それが事業の成長を加速させることにつながります。

常に急速な変化が起こる時代にあっては、「起こった変化への対応」だけでは、受け身となってしまい、事業は波のしぶきをもろに受けてしまうことになります。そうならないために、潮の流れを汲んだ舵取りをし、「起こりうる変化を活用」していかねばなりません。しかし、知識と実践の間には目には見えない大きな溝があります。その架け橋になるのが、外部パートナーです。ぜひ、自分と異なる視点をもった他者の考えを自分の頭脳として活用する機会を持ってくださいね。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.