ホーム  > 経営コラム  > ユニクロが教えてくれている教訓

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


ユニクロが教えてくれている教訓

山下淳一郎334.jpg

あらゆる者が、強みによって報酬を手にする。弱みによってではない。したがって、常に最初に問うべきは、われわれの強みは何かである。
ピーター・ドラッカー

事業を繁栄させる条件とは

 

1974年、山口県に呉服屋としてスタートしユニクロは、今日では、売上高6000億を超えるグルーバル企業へと大発展した。急速な発展を成功に導いたものはなんだろうか。もちろん、柳井会長の卓越した経営手腕によるものであることは今さら言うまでもない。ユニクロの強みはなんと言っても、顧客のニーズに先行して顧客の声を商品化することあるといえるだろう。そんなユニクロも海外に事業を展開した時、思わぬ試練に遭遇している。

2001年、ユニクロは海外の第1号店をイギリスに出した。階層意識の強いイギリスの組織は、店長は店長と、マネジャーはマネジャーといったように同じ役職者としかコミュニケーションをとらない傾向がある。しかし、当時のユニクロは、イギリスの文化に合わせて階層ごとに厳密な役割を設けた組織で事業を進めていった。その後、二十一店舗まで拡大したものの、二年後にはたった五店舗だけになってしまった。業績が目標に達しなかったため撤退したのだ。

ユニクロの強みはフラットな組織で事業を進めるところにあるとファーストリテーリングの柳井会長は語る。階層ごとに厳密な役割を設けた組織で業務を進めていくというやり方は、ユニクロの強みに反していたものだった。ユニクロはその経験を生かして、 海外でも自分たちの強みを生かしたやり方に生えていった。その後ロンドン支店の業績は黒字に転じだ。2002年には上海、2005年には香港、そしてロッテとの合弁で韓国に、2006年には、ニューヨークに出店し大きな成功を収めている。事業を繁栄させる条件は強みを生かすことにある。ユニクロの挑戦は、わたしたちにそのような教訓を与えてくれている。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.