ホーム  > 経営コラム  > 『企業と人材』12月号の特別寄稿を掲載されました

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


『企業と人材』12月号の特別寄稿を掲載されました

ドラッカー 山下淳一郎.jpg

組織は自らの人材を超えて仕事をすることはできない。人的資源から引き出せるものによって、組織の成果が決定する。それは、誰を採用し、誰を解雇し、誰を異動させ、誰を昇進させるかという人事によって決まる。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

『企業と人材』12月号の特別寄稿を掲載して頂きました

 

ドラッカー山下.jpg

『企業と人材』12月号の特別寄稿に”人材開発担当者の仕事”と題する内容をとして、6ページにわたって掲載して頂きました。

人材開発部門として取り組むことは、1つです。既に目標管理制度をもっていればその制度を見直すことです。目標管理制度をもっていなければその制度をつくり上げることです。目標管理制度をもっているか、目標管理制度をもっていないかのいずれかに当てはまるはずです。

人材開発部門としてまず取り組むこととして、なぜ、「目標管理」ということをお伝えしたいのかというと、人材開発部門は、組織の成果をあげるための重要な機関として機能しなければならないからです。組織の成果は、そこで働く一人ひとりの成果の集積です。組織の成果をあげるためには、一人ひとりが主体者となって自ら成果をあげる状態つくり出すことです。それが、人材開発部門が担うべき責任だからです。

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.