ホーム  > 経営コラム  > 鮒谷周史さんの【平成進化論】3385号に掲載されました

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


鮒谷周史さんの【平成進化論】3385号に掲載されました

鮒谷周史平成進化論.jpg

鮒谷周史さんのメールマガジン【平成進化論】より

昨日は、上場企業の執行役員、兼グループ会社の取締役を歴任した後、トップマネジメント株式会社の代表取締役として講演、コンサルティング等でご活躍されている、山下淳一郎さんと食事をご一緒しておりました。神楽坂の<TREES Italian & Bar Lounge>にて。

基本と原則に反する者は例外なく破綻する

 

トップマネジメント株式会社の代表取締役、山下淳一郎さんと山下さんとご飯をご一緒し、ドラッカー談義で盛り上がりました。(過去のメルマガでも書いてきましたが、その昔、2年間かけてドラッカーの全集を読み、合わせて数多くの関連書籍も読んできましたので、たくさんの共通言語があるのです)今回、山下さんが書かれた本はすでに私も拝読していたのですが、私の知る限り、「ドラッカー5つの質問」について本質を外すことなく、それでいて平易に、わかりやすく記された、極めて実践的な本の一冊であると思います。

お話しをしていて改めて感じたのですが、経営や仕事のスタイルについて、時代時代に「流行的なもの」が生まれ、もてはやされることがあっても、結局のところ、事業を継続して発展させるためには、流れ、ブームに乗るとか、小手先のノウハウ、テクニックに傾倒する、といったことではなく、(たとえば)ドラッカー5つの質問といった自社のビジネスを根底から顧みる道具を通して、自らの軸を確立するのが近道です。ちなみにご存知ない方のために念のためご紹介しておきますと、ドラッカー5つの質問とは、

  1. われわれのミッションは何か?
  2. われわれの顧客は誰か?
  3. 顧客にとっての価値は何か?
  4. われわれにとっての成果は何か?
  5. われわれの計画は何か?

という、5つで構成される問い。これだけ見ると難しく感じられるかもしれませんが、よくよく見てみると、事業を行うにあたっての、きわめて重要で、かつ本質的な質問だと思われませんか?この5つが矛盾なく、相互に連環することによって事業の目的である「幸せな顧客の創造」が可能になるのです。しかしながら、「少なくない数の企業は、真剣にこのようなことを考えたことがないのでは」という疑問を持たれるかもしれませんね。あるいはうちの会社もそうだよ(汗)、と思われる方もあるかもしれません。そんな「考えるのが当たり前に見える本質的な問いを、仕事の中心に据えている企業が少なく見える」なかにあって、この5つの質問を常に問い直し続ける企業(あるいは個人)があったとしたらどうでしょう。そのような企業こそが真に求められる(=真に強い)企業(個人)であるとは思われませんか。

このような質問は、社内で常に問題にされることが当たり前のように思われつつ、日常業務に忙殺される中で、「一瞬、思い出す」ことはあっても、「ひたすらに考え続ける」ことはなかなか難しいもの。かくいう私(鮒谷)もお恥ずかしいことに気がつくと、忘れていることもよくあります。だからこそ、定期的に振り返る必要があるわけで、私も「5つの質問」を事務所の壁に張り出したり、時折、合宿形式でホテルにこもり、自らに問い直す機会を設けたりということもしてきました。そのようなわけで、経営者のみならず、仕事に携わるあらゆる人はすべからく皆、

  1. われわれのミッションは何か?
  2. われわれの顧客は誰か?
  3. 顧客にとっての価値は何か?
  4. われわれにとっての成果は何か?
  5. われわれの計画は何か?

について、明快な答えを持つ必要があると考えています。もちろん当社も、骨太かつ卓越した<本物の教育サービス>を通して  「変容の喜び」を提供し続けるというミッションを掲げ以下に続く4つの質問にも明快な答えを出しています。「そんなこと、まじめに考えたことがないよ」あるいは、「考えたことはあるけれども、このところ、日常業務に忙殺されていたなあ」というあなたは、(たとえば)先にご紹介した、このような本

【今日のお勧め本
なぜ、あのガムの包み紙は大きいのか ドラッカーに学ぶお客様を幸せにする会社の作り方

を水先案内人として、「方法論の前にある大切なもの」(同著より)を考えるための時間を是が非でも確保すべきでしょう。ドラッカーさんは、「基本と原則に反する者は例外なく破綻する」と言われていますがビジネスに携わるすべての人にとっての「基本と原則」が、「ドラッカー5つの質問」にあると考えています。※知識、ノウハウ、テクニックは大切ですが、全ては「その後」のことです。(もしあなたが自らに誇りを持ち、人さまから感謝される仕事をしたいのであるならば)今日も人生とビジネスを楽しみましょう!

鮒谷さん!、ありがとうございます!(平成進化論、今すぐご登録を!)

平成進化論_鮒谷周史.png

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.