ホーム  > 経営コラム  > 「起こっていること」より「それを起こしているもの」

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


「起こっていること」より「それを起こしているもの」

成功する経営.jpg

大事なのは、問題への答えではなく、問題についての理解である。意思決定とは知的な遊戯ではない。効果的な行動をもたらすために、ビジョン、エネルギー、資源を総動員することである。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

それを起こしているものは何か!?

 

いま御社に起こっていることのほとんどが、実はほかの会社でも起こっています。たとえ御社だけにしか起こっていない問題であったとしても、それはごくわずかです。不思議と言えば不思議であり、当然と言えば当然なことですが、まったく違う会社が、まったく同じ問題を抱えています。事実、経営者が行う意思決定の約90%は、同じことの繰り返しであることが、ある調査結果からわかっています。

経営者が経営を行ううで、直面する問題のほとんどが、特殊な問題ではなく、一般的な問題なのです。同じ問題に対して、毎回毎回違う問題として取り扱い、時間を費やしてしまっているのが現実です。「大事なのは、問題への答えではなく、問題についての理解である」、です。ドラッカー先生は、「起こっていること」よりも「それを起こしているもの」に着目する重要性を教えてくれています。

下記は、『経営者が遭遇する問題の根本的な原因』です。一部ですが、どれか一つでも当てはまるとすると、これからも同じ問題に引きずり込まれ、事業の繁栄は妨げられたままとなってしまいます。「起こっていること」ではなく、「それを起こしているもの」を明らかにするために、チェックしてみてください。

経営者が直面する問題の根本的な原因(一部)

□ 事業の目的が共有されていると錯覚しているため
□ 事業の目的が売上げと利益と考えているため
□ 業務について話し合っても事業について話し合っていないため
□ お互いの考えの違いに気が付かず、それを放置しているため
□ 部分最適の足算がなされ、全体最適に取り組んでいないため
□ 常に唯一一つの正しい正解があると考えているため
□ 勘と経験、賢さに頼って経営を行っているため
□ 今までのやり方から離れられないため




続く

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.