ホーム  > 経営コラム  > スティーブ・ジョブズは、あの時こう考えた

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


スティーブ・ジョブズは、あの時こう考えた

2222222.jpg

マーケティング分析における標準的な問いはすべて答えなければならない。しかし、本当に重要な問いは、稀にしか提起されない問いである。しかし、それらの問いこそ、われわれに予期せぬものを教えてくれるものである。 
ピーター・ドラッカー『創造する経営者』

いかなる状況がわが社の商品をなしでも済むようにしてしまうか?

 

ドラッカー先生の経営論は、経営者が押さえなければならないポイントを誰もが実践できるように質問形式でまとめられたものです。ところが、ドラッカー先生が提示してくれる問い中には、理解しにくいものがしばしばあります。たとえば、次のような問いです。いかなる状況がわが社の商品・サービスをなしでも済むようにしてしまうか?。なんとも考えにくい問いですよね。

アップルコンピューター社は、2001年10月、iPodを発表しました。iPodの販売台数が約10000台に達する頃、アップルコンピューター社では、毎週金曜日打ち上げで盛り上がっていました。ある一人を除いて・・・。そうです、その一人とは、スティーブ・ジョブズです。スティーブ・ジョブズは、幹部を集めて次のように言われました。

『急成長したデジタルカメラは、携帯電話にカメラ機能が搭載されてから急激に落ち込んでいる。携帯電話に音楽が聴ける機能が搭載されれば、iPodはいらなくなってしまう!。だから、次にわれわれが進む分野は電話だ!』 iPhoneはこうして生れたのです。スティーブ・ジョブズは、あの時こう考えていたのです。「いかなる状況がわが社の商品・サービスをなしでも済むようにしてしまうか?」

 

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.