ホーム  > 経営コラム  > ドラッカー教授の講演 ドラッカー教授の1959年初来日での講演

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


ドラッカー教授の講演 ドラッカー教授の1959年初来日での講演

ドラッカー来日.jpg

ドラッカー教授は、1959年、日本経営協会の招聘を受け、
初来日されました。そこで開催された「経営の水平線」という講演に
、ソニーの井深さん、オムロンの立石さん、山崎製パンの飯島社長なども
出席されていました。
写真提供:財団法人日本経営協会
Photo Credit:Nippon Omni-Management Association.

臨床的な取り組みを日常の仕事に

 

ドラッカー教授は、日本初のその講演では、
2つのテーマについてお話しされました。
その2つは、知識社会と世界観の変化です。
知識社会については、"知識が社会の資源となった"
ということについて述べられ、
世界観の変化については、社会が繁栄するうえで、
精神的欲求を満たすことが重要な意味を持つと、
進むべき方向性を示されました。

 

また、経営者は、社会の問題に応える責任があることを述べられ、
その責任を果たすために3つのことが必要であると主張されました。
1つはマネジメントを学ぶこと、
2つ目は最上の意思決定をすること、3つ目は真摯さです。
(詳細は別の機会にお伝えします)

 

最後に、ドラッカー教授は、日本に2つのことについて助言されました。
一つは、マネジメントを取り扱う学者を増やすこと、
もう1つは、学んだことを実践する臨床的取り組み、
つまり、学びと実践の両輪を一体のものに力を注ぐことです。
学びを実践を一つのものにして臨床的な取り組みを
日常の仕事にしていくよう取り組んでいきたいと思います。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.