ホーム  > 経営コラム  > 成果をあげる方法はそうだったのか!

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


成果をあげる方法はそうだったのか!

,トップマネジメント株式会社.jpg

成果をあげる方法は、かつての一人だけの工房の時代と、
今日の組織の時代では異なる。せっかく知識や技能を身につけても、
まず初めに組織を通じて成果をあげる能力を向上させておかなければ
役に立たない。
ピーター・ドラッカー

だから、ドラッカー

 

手ごろな方法は長続きしない

学びフェチ。学び続けてさえすれば、学びの向こうに、自動的に良い変化が
起こってくれるだろうという妄想癖。それが、学びフェチだ』。
これは、今日お会いしたCEOから聞いた言葉です。

優れた理論を学んだからと言って、会社を発展させていけるかと言うと
、残念ながらそうではありません。知って終わるのが関の山です。
また、経営者一人ひとりの優れた知識を持ち寄って、それらをつなぎ合わせても、
経営はうまくいきません。手ごろな方法は、例外なく長続きしません。

 

組織を通じて成果をあげる

将来にわたって会社を発展させていくためには、経営者全員が心を合わせて、
会社の将来をありありと描き、自社に一番適した意志決定を導き出していかなければなりません。
そのためには、経営を体系的に取り組む必要があるのです。
なぜなら、事業は組織を通じて成果をあげる取り組みだからです。
経営を体系的に取り組むこと』を教えてくれているのは、ドラッカーだけです。
だから、ドラッカーなのです。

加えて、どんなに優れた経営者であっても生身の人間です。
それぞれ持って生まれた価値観、気質、個性は、千差万別です。
経営者は、人間関係の良し悪しを超え、経営者全員で力を合わせて、
仕事にあたらなければなりません。
なぜなら、「経営は組織を通じて成果をあげる仕事だから」、です。

 

会社の命運を担う経営集団

まったく違う複数の人間が、共通目的のもとに一つの集団となるために、
絶対になくてはならないものは何か。それが、マネジメントです。
マネジメントとは、「人と力を合せて成果をあげる事」です。
会社全体のマネジメントのことを、トップマネジメントと言います。
そして、会社の命運を担う経営集団をトップマネジメントチームと言います。
生身の人間を中心に置いて、『トップマネジメントチームのこと』を教えてくれているのは、
ドラッカーだけです。だから、ドラッカーなのです。


明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.