ホーム  > 経営コラム  > 事業は何かを徹底的に検討する

ドラッカーに学ぶ ”経営コラム”

経営者は経営しなければならない。ピーター・ドラッカー


事業は何かを徹底的に検討する

ドラッカー

事業の目的とミッションを検討していないことが
失敗と挫折の最大の原因である。
逆に成功を収めている企業の成功は、
「われわれの事業は何か」を徹底的に検討することによって
もたらされている。
ピーター・ドラッカー『マネジメント』

事業の目的とミッション

 

今日は、ある企業の経営幹部の方々と事業の目的とミッションについて討議をしました。かつてアスクルはいち事業部でした。その当時の事業はといえばおそらく、「文具の製造販売」であったと思います。そのアスクルは、自分たちの事業を徹底的に検討したと言われています。つまり、「われわれの事業は何か」を徹底的に検討されたわけです。

 

それは、売り手側から考えた「自分たちは何を売るか」ではなく、買手側から考えた、「どんなお客さまに、どのよう買って頂くか」について徹底的に検討されました。文房具を入手するのに不便をしている「小規模事業者に、必要なときに、必要なものを、必要な数だけ、買って頂けるようにしよう」というところから始まりました。

 

結果として、アスクルにとっての「われわれの事業は何か」は、「文具の製造販売」から「オフィスに必要なものをお届けする流通事業」となりました。もしアスクルが、事業の目的とミッションを検討されず、「われわれの事業は何か」を問うことがなければ、そのような成功はなかったに違いないと思います。現在、「われわれの事業は何か」を組織内で、徹底的に話し合っています。

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.