ホーム  > 経営コラム  > 月刊BOSS連載 新しい事業を作り出す

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


月刊BOSS連載 新しい事業を作り出す

月刊BOSS7月号山下-淳一郎.jpg

未来において何かを起こすということは、新しい事業を作り出すということである。新しい経済、新しい技術、新しい社会についてのビジョンを、事業として実現するということである。
ピーター・ドラッカー 

BOSS 7月号 ドラッカーに学ぶこれからの経営 山下 淳一郎

 

こんにちは。山下です。今回は、「新しい事業を作り出す」というテーマでお話させて頂きます。私は仕事柄、いろいろな経営者とお話をさせて頂く機会があります。現在、様々な経営者が、事業を変革されることに全力を注がれています。言うまでもなく、これまで築き上げてきた事業が通用しなくなってきているからです。変化が激しい今日、当然と言えば当然のことかもしれません。社会の変化に先駆けて、事業を新しい次元に進化させていくことは、経営者の避けて通れない重要な課題です。「新しい事業を作り出す」といっても、お客様の新しいニーズにお応えしていくことであって、新しい事そのものに価値があるわけではありません。重要なことは、どこまでのお客様にお応えしていくということです。これを忘れてしまうと、「新しい事をやっているのにうまくいかない」という結果を招いてしまいます。

1962年、セコム株式会社は日本警備保障株式会社として設立されました。1962年創業当時の従業員数はたった2名。その頃の日本にはまだ警備という事業は存在しませんでした。警備という需要はまだなかったのです。創業時3ヵ月営業に歩いて契約はゼロ。警備業を見たことも聞いたこともないお客様からは、「知らない人に警備なんて任せられない」、「知らない人に警備してもらうのはかえって不安だ」などと言われ、まったく相手にされなかったそうです。創業から苦闘の連続であった4年が過ぎた1966年、ようやく事業が軌道に乗り始めました。飯田亮さんは、これまで従業員の方々が体を張ってやってきた巡回警備を廃棄し、日本初の機械による警備システムに切り替える決断をされました。機械警備システムとは、建物にセンサーを設置し、異常を感知したセンサーの情報が電話回線を通じてセンターに送られ、警備員が駆け付けるというものです。当時、従業員さん全員が大反対したそうです。なぜ順調に進んでいるのにいまの事業を変えるのか!?、命をかけて警備をやってきたのになぜ機械に任せるのか!?、自分たちが信用できないのか!?、従業員さんには、さまざまな想いがあったことと思います。

飯田亮さんは、事業を新しい次元に進化させようと挑まれたのです。事業とは、社会の問題を解決していく強い意思をもったひとつの生態系です。その生態系を進化させる取り組みを私たちは"イノベーション"と呼んでいます。それは、生まれていないニーズを生み出し、まだ満たされていないニーズを満たすということです。創業者の飯田亮さんは、イノベーションを失った組織はあっという間に衰退すると言われています。現在、セコム株式会社は、売上規模約7000億円、従業員約1万5000人、海外19カ国に事業展開する大きな企業となっています。いつも時代も新しい扉を開くのは、未来を描くリーダーの強い信念と勇気です。
月刊BOSS7月号より一部抜粋

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.