ホーム  > 経営コラム  > トップマネジメントチームとは?

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


トップマネジメントチームとは?

山下淳一郎201401303.jpg

トップマネジメントの仕事とは、一人による仕事ではなく、チームによる仕事である。トップマネジメントの役割が要求するざまざまな体質を、一人で併せ持つことはほとんど不可能である。しかも、一人ではこなしきれない量がある。
ピーター・ドラッカー

トップマネジメントとは一人ではなくチームによる仕事

 

いつもお読みいただきありがとうございます。現在、経営者研修、経営者セミナーが全国各所で行われています。その内容に憂慮しています。それは、一人ではできない経営者の仕事を一人でこなすことを推奨するかのような内容だからです。社長一人が多くの知識を見付け、様々なスキルを高めることを促すのは、もってのほかです。それは骨身を削ってお仕事をされている社長を不毛な苦悩に引きづり込むだけでなく、フル回転でお仕事をされている社長に自殺を勧めているようなものです。

経営者の仕事を社長一人で併せ持つことは不可能です。絶対に不可能です。絶対にです。経営者の仕事は、一人でこなしきれる性格の仕事でもなければ、一人でこなしきれる量の仕事でもないからです。経営は一人による仕事ではなく、チームによる仕事なのです。下記の通り、経営者がやるべき仕事は膨大です。それら多岐に渡る仕事を一枚岩であたる集団が、トップマネジメントチームです。長期にわたって業績をもたらし続けるために、トップマネジメントチームを構築してください。そして、トップマネジメントチームで経営の仕事を進められる状態をつくり上げてください。

→詳しく見る 

  • どんな考えで事業を行うのかを明確し、経営理念をつくる。
  • 社会で何を実現したいのかを明確し、ミッションを明確にする。
  • ミッションが実現したら社会に何が起こるのかを明確にし、ビジョンを明確にする。
  • われわれの事業は何かについてわかる言葉で言い表し、確立する。
  • われわれの事業は何になるかを考え抜き決定する。
  • われわれの事業は何でなければならないかを考え抜き決定する。
  • 会社の将来の理想の姿をありありと描く。
  • 会社の将来のための意思決定を行う。
  • 経営幹部に事業を全体として見るよう教える。
  • 経営幹部に事業全体の目標から自分の目標を導き出すことを助ける。
  • 経営幹部の仕事ぶりと成果を評価測定する。
  • 新規事業についての意思決定をする
  • 新商品開発についての意思決定をする
  • 事業の目標を点検する。
  • 事業の目標を修正する。
  • 目標を幹部に理解させる。
  • 会社全体の目標を決める。
  • 経営計画をつくる。
  • 経営戦略を立てる。
  • 組織構造を決める。
  • 部門間に対立が起こればその調整に入る。
  • 部門間の関係を改善する。
  • 必要な人材像を明確にする。
  • 採用計画をたてる。
  • 経営幹部の人事について意思決定を行う。
  • 管理職が育つ環境をつくる。
  • 社員のモチベーションを高める。
  • 新入社員との懇親を行う
  • 若手幹部との懇親を行う
  • 投資計画について意思決定を行う
  • 資金調達について意思決定を行う
  • 大口客からのクレームに対処する
  • 対外的な活動に参加する。
  • 業界の集まりに出席する。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.