ホーム  > 経営コラム  > 右肩上がりの企業がやっている6つのこと

ドラッカーに学ぶ ”経営コラム”

経営者は経営しなければならない。ピーター・ドラッカー


右肩上がりの企業がやっている6つのこと

トップマネジメントチーム.jpg

いかなる組織といえども 、業績はトップマネジメント如何にかかっている。組織におけるあらゆる仕事のうち最も組織化することの難しいのが 、トップマネジメントの仕事である 。しかし 、それは最も組織することの必要な仕事である 。
ピーター・ドラッカー

現場とは異なる角度から事業を眺めよ

 

トップは役員に対して、全社視点でものを考えてほしいと望んでいます。その一方で、役員の方々は一つの部門を任され、縦割りに定義された組織の中で日々お仕事をされています。ゆえに、役員の方々はどうしてもご自身が担当する部門に軸足が置かれてしまいます。こうして、それぞれの役員がそれぞれの考えで動く状況がつくられてしまいます。これではトップを含め役員の方々が本来持つ力は発揮されないまま、事業を進めていくことになってしまいます。トップを含め役員の方々が本来持つ力を発揮するためにどうすればいいのでしょうか?

経営チームで話し合い、経営チームで決定しなければならい事柄を決めることをお薦めします。役員の方々は自分が担当する部門について責任をもって行動しなければなりません。しかし、それは自分の考えと自分が行おうとしていることは、経営チームに周知されているのが前提です。役員だからと言って「勝手」が許されるわけではありません。

経営チームの仕事は、現場とは全く違う仕事です。現在の目標 、組織 、課題を現場とは異なる角度から事業を眺めなければならない仕事なのです。トップを含め役員の方々が本来持つ力を発揮するために、ぜひ経営チームで決定すべき次の6つのことについて話し合う場を持ってください。
→詳しく見る 

  1. 事業のあるべき姿の決定
  2. 人事の決定
  3. 投資を伴う決定
  4. 既存の商品やサービスを廃棄する決定
  5. 新しい商品やサービスを開始する決定
  6. 新規市場への参入の決定

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.