ホーム  > 経営コラム  > 使命は願い事。売上は悩み事。

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


使命は願い事。売上は悩み事。

山下淳一郎20121230.jpg

企業の目的は、それぞれの企業の外にある。企業は社会の機関であり、目的は社会にある。したがって、企業の目的として有効な定義は一つしかない。顧客の創造である。
ピーター・ドラッカー

会社の存在意義を高める3つの決定

 

いつもお読みいただきありがとうございます。会社の存在意義を高めたいー。経営者ならどなたでもそのようなお考えを持たれたことがあると思います。会社の存在意義とは、「自分たちが居合わせることによって生み出される価値があるということ」、です。「自分たちが社会に存在しなくてならないと実感できるということ」、です。では、会社の存在意義を高めるためにどうすればいいのでしょうか?。

会社の存在意義を高めるためには、「なんのための事業なのか」を問いただすことです。しかし、「なんのための事業か」を経営者に尋ねると、多くの方は「会社を大きくするため」、「売上を上げるため」と言われます。経営の父、ドラッカー教授はそういったものをはっきり否定しています。事業の目的は「自分たちは社会にどうお役に立てるのかを具体的に言い表したもの」でなければなりません。「企業は社会の機関であり、目的は社会にある」、のです。会社は「喜ぶ人を創り出す」ために存在しているのです。

ドラッカー教授が追究したことは、「人間一人ひとりが幸せを感じることのできる社会の実現」です。その役目を担っているのが一人一つの会社です。ところが、ほとんどの会社が経営理念を掲げながらも、「会社を大きくするため」、「売上を上げるため」に事業を進めている姿になっています。使命は「願い事」で、売上は「悩み事」です。「悩み事」だけに心を奪われず、「こんな社会であってほしい」という「願い事」を軸に次の3つを問いただし、事業を進めていけば必ず会社の存在意義は高まっていくはずです。最後までお読み頂きありがとうございます。
→詳しく見る 

  1. われわれの事業は何か
  2. われわれの事業は何になるか
  3. われわれの事業は何でなければならないか

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.