ホーム  > 経営コラム  > 成功したベンチャーがやってる4つのこと

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


成功したベンチャーがやってる4つのこと

トップマネジメントH02.jpg

創業者をはじめとする主な関係者の一人ひとりが、自らが得意とするもの、ほかの人たちが得意とするものが何かを考えなければならない。それぞれの強みに応じて、いずれの活動を担当すべきか、いずれの活動に適しているかを考えなければならない。
ピーター・ドラッカー

事業の成長は新しい課題を生み出す

 

いつもお読みいただきありがとうございます。飛ぶ鳥を落とす勢いで成長する企業もあれば、急成長したかに見えて勢いを失ってしまう企業もあります。どちらのトップも優秀であることに変わりありません。では、その明暗を分かつものはいったい何でしょうか?。急成長したあと勢いを失ってしまうその原因は何でしょうか?。

ドラッカー教授はこう言っています。「企業の成長がトップ一人でマネジメントできる限界を超えた結果である。いまやトップのチームが必要である。実際にはそのときすでに適切なチームがなければ手遅れである。生き延びることで精いっぱいになる。たとえ生き延びたとしても、不治の機能不全に陥るか少なくとも数年は出血が止まらない」。事業が軌道に乗れば、お客様も増え、従業員も増え、商品・サービスも複雑になっていきます。気が付かないうちに、事業を起ち上げた時と状況が変わっていきます。トップ一人で仕切れていたものがうまくいかなくなったり、目の行き届かない所が増えたり、後手に回るものが増えていきます。これが、ドラッカーが教えてくれてる、”企業の成長がトップ一人でマネジメントできる限界を超えた結果”、です。

会社は生き物ですから、「これまでこうやってうまくいったらこれからもそうやっていこう」は通用しません。「これまでこうやってうまくいったが状況が変わったから違うやり方で進めていこう」でなければなりません。事実、成功しているベンチャー企業は、ワンマン経営のよう見えても下記の4つのことをやっています。さらに成長していくために、次の4つのことをお薦めします。

  1. トップが主要メンバーと事業について話し合っている。
  2. 主要メンバーそれぞれがお互いに得意とする分野を理解し合っている。
  3. 主要メンバーそれぞれが得意とする分野の責任者になっている。
  4. 主要メンバーそれぞれが事業に関する目標を持っている。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.