ホーム  > 経営コラム  > 得意とする仕事の仕方を向上させていく

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


得意とする仕事の仕方を向上させていく

ドラッカーw002.jpg

ナンバーツーとして最高の仕事をしたが、トップの跡を継いだとたん、仕事ができない人がいる。意思決定の重要性は理解していても、自らは意思決定の重荷を負えない。これらのことから出てくる結論は一つである。今さら自らを変えようとしてはならない。うまくいくわけがない。それよりも、自らの得意とする仕事の仕方を向上させていくべきである。不得意な仕方で仕事を行おうとしてはならない。
ピーター・ドラッカー 

今さら自らを変えようとしてはならない

 

私は今、ある壁にぶつかっています。現在ある会社でコンサルティングさせて頂いています。コンサルティングと言っても私の仕事は「教える事」ではなく「経営者自ら最適な意思決定を導き出すお手伝い」です。社長、取締役、執行役員の方々と事業の方向性や戦略を決める話し合いに参加しながら、時には進行役として議論の方向性を修正したり、時には問いを投げかけて経営者の皆様から考えを出してもらい、話し合いを進めていきます。いわば黒子です。

その会社の社長は、創業者ではなくトップの跡を継いだ社長です。その社長は、意思決定の重荷を負えないためか意思決定されない方で、取締役や執行役員の方々のイライラは募るばかりです。長年その社長の下で働いてきた側近の方に聞くと、「社長は決めなければならない事を自分で抱えたまま決めずに先延ばしする」と言っていました。その言葉を聞いた私は途方に暮れてしまいました。トップに意思決定を拒まれてしまえば、どうすることもできないからです。これが、今私がぶつかっている壁です。このようなケースも稀にあるのかと、私は目の前の現実から多くを学んでいます。

ドラッカー教授はこう言っています。「ナンバーツーとして最高の仕事をしたが、トップの跡を継いだとたん、仕事ができない人がいる。意思決定の重要性は理解していても、自らは意思決定の重荷を負えない。これらのことから出てくる結論は一つである。今さら自らを変えようとしてはならない。うまくいくわけがない。それよりも、自らの得意とする仕事の仕方を向上させていくべきである。不得意な仕方で仕事を行おうとしてはならない」。今後は、取締役、執行役員の方々に意思決定してもらい、その決定について社長に承認を仰ぐという形で進めることにしました。それが、社長を変えようとせず、社長の不得意な仕方で社長に仕事を行なわせようともせず、社長の得意とする仕事の仕方を向上させていくことにつながるからです。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.