ホーム  > 経営コラム  > 一つの部門に二人の役員を投入しない

経営コラム

CEOたる者はトップマネジメントチームを作らなければならない。 ピーター・ドラッカー


一つの部門に二人の役員を投入しない

成功する経営.jpg

トップマネジメントチームのメンバーは、それぞれの担当分野において最終的な決定権をもつ。各メンバーの決定に対し、他のメンバーが異議を唱えることはできない。担当する者が最終決定者である。他のメンバーからの異議を認めるならば、政争が起きるだけである。
ピーター・ドラッカー 

信号を無視すれば交通事故に遭う

 

ある会社でこんなことが起こっています。その会社は、営業部に二人の役員が担当として入っています。担当役員の一人は社長で、もう一人は副社長です。 社長と副社長の指示が分かれ、現場に混乱を招くということが頻繁に発生しています。 「社長と副社長の考えに違いがあること」は問題ではありませんが、「社長と副社長から違う指示が出ること」は問題です。経営者の仕事は、現場が成果をあげられる様にするため「会社としての考えを決めること」、です。「会社としての考えを決めること」を怠り、社員さんの仕事の生産性を下げ、、経営者自ら機会損失を招いてしまっています。もちろん、社長も副社長も悪意あってそうしているわけではありません。 

ドラッカー教授はこう言ってます。「トップマネジメントチームのメンバーは、それぞれの担当分野において最終的な決定権をもつ。各メンバーの決定に対し、他のメンバーが異議を唱えることはできない。担当する者が最終決定者である。他のメンバーからの異議を認めるならば、政争が起きるだけである。トップマネジメントそのものの権威が低下する」。 

この会社の根本的な問題は、「一つの部門に二人の役員が入っていること」です。一つの部門に二人の役員を投入しないことは、世の決まり!と言っていほどの経営の基本と原則です。”基本と原則に反する者は例外なく破綻する”。「信号を無視すれば交通事故に遭うのと同じ」です。 経営者自身が問題を問題と認識しない限り、なんら具体的な手は打たれず、深刻な問題は放置されたままとなり、同じ問題が繰り返し起こります。事業の繁栄のために、人員を配置する際は、 「一つの部門に二人の役員を投入しない」ようにしてください。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.