ホーム  > 経営コラム  > 意思決定は、満場一致でなくてもよい

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


意思決定は、満場一致でなくてもよい

ドラッカー0718.jpg

成果をあげる意思決定は、相反する意見の衝突、異なる視点との対話、異なる判断の間の選択があって初めて、よく行いうる。従って、決定において最も重要なことは、「意見の不一致が存在しないときには、決定を行うべきではない」ということである。
ピーター・ドラッカー

意思決定5つのステップ

 

会議で何も決まらない…。決めてもまた逆戻りしてしまう…。それぞれが言いたいことを言っているだけで話が噛み合わない…。会社の意思統一が図れない…。意見が合わずに方針が定まらない…。これは、どんな組織でも、多かれ少なかれ起こうることです。いろいろな人がいれば、いろいろな物の見方があります。いろいろな人がいれば、いろいろな意見があります。前述したように、話が混線することは頻繁に起こっています。

私たちは、「物事には一つの正解がある」という思い込んでいます。それは学生時代の学習のほとんどが、あらかじめ正解が用意された問題集を解いてきたからです。つい、一つの正解にたどり着く思考に陥ってしまいます。どうすれば、成果を生む話し合い、成果を生む意思決定をすることができるのでしょうか?

ドラッカーはこう言っています。「成果をあげるには、教科書のいうような意見の一致ではなく、意見の不一致を生みださなければならない。満場一致を求めるようなものではない。相反する意見の衝突、異なる視点との対話、異なる判断の間の選択があって初めて、よく行いうる。従って、決定において最も重要なことは、「意見の不一致が存在しないときには、決定を行うべきではない」ということである。」意思決定は、満場一致でなくてもよいのです。必要なことは、とことん話し合うということです。次の手順で、しっかりと話し合い、成果を生む決定をしていってください。

  • 第一に、基本的な方針やルールで解決する
  • 第二に、必要条件を明らかにする
  • 第三に、何が正しいかを知る。(反対意見をどんどん言い合う)
  • 第四に、決めたことを、誰が、いつ、どのように、という具体的な行動に落とし込む
  • 第五に、期待通りの成果が出たかどうかを確かめる

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.