ホーム  > 経営コラム  > 「正しい答え」より「正しい問い」

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


「正しい答え」より「正しい問い」

成功する経営赤.jpg

重要なことは、正しい答えを見つけることではない。正しい問いを探すことである。間違った問いに対する正しい答えほど、危険とはいえないまでも役に立たないものはない。
ピーター・ドラッカー 

適切な意思決定になくてはならないものは…

 

御社のサービスはコーチングですか?。たに、そう聞かれることがあります。弊社のサービスはコーチングではありません。けっしてコーチングを蔑んでいるわけではありません。コーチングは「対話という専門性によって人と組織の可能性を広げる技術」で必要不可欠なものです。一方、一言にコーチングといっても誰に行うかによっても大きく異なるでしょう。アスリートに向けて行うか、会社員に向けて行うか、経営者に向けて行うかによってその内容が違うと思われます。私はコーチングのプロではありませんので(笑)、詳しくはコーチングのプロフェッショナル機関にお尋ねください。

弊社のサービスはコンサルティングです。コンサルティングは、「特定分野の専門性をもって人と組織の発展の助けになるもの」です。弊社は、トップマネジメントという分野の専門性をもって、社長、取締役、執行役員で構成される経営チームに、ドラッカーの教えを活用するサービスを提供しています。

ドラッカーはこう言っています。「マネジメントには基本とすべきもの、原則とすべきものがある。基本と原則に反するものは、例外なく綻する。」経営には、守らなければならないもの、押さえておかなければならないものがあって、それに反すれば必ず失敗してしまうということです。さらに、ドラッカーはこう言っています。「間違った問いに対する正しい答えほど、危険とはいえないまでも役に立たないものはない。正解が得られるのは、正しい問いによってである。もちろん経営に一つの正しい答えがあるわけではありません。ドラッカーが言う正解とは、適切な意思決定のことを指しています。

いろいろな人がいれば、いろいろな考えがあって当然です。どんなにいい考えがたくさんあったとしても最後は一つに決定しなければなりません。経営者の仕事は意思決定で成果をあげることです。経営者がどれだけ適切な意思決定を行うかどうかで会社の将来は決まります。適切な意思決定を導き出すためには、正しい問いである、基本と原則は不可欠なのです。正しい問いである基本と原則こそ弊社が提供しているトップマネジメントの専門性です。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.