ホーム  > 経営コラム  > ドラッカー5つの質問を実践。

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


ドラッカー5つの質問を実践。

055.jpg

事業として有効な定義をもてないことは危険信号である。
市場や顧客と無関係に事業を行っていることになる。
さらには、共通の知識や労力の相乗効果を実現する真の多角化ではなく、
知識や労力とは関係のない分散を行っていることになる。
ピーター・ドラッカー

これまでと違う目標、これまでとは違う行動

 

事業の骨格と組織運営

本日は、経営者の皆様にドラッカーの核と言える「ドラッカー5つの質問」を学んでいただきました。
ドラッカー5つの質問とは、経営を行ううえで経営者が絶対に避けて通れない重要な5つことが
質問形式でまとめられているものです。
その内容は、われわれの使命は何か、われわれの顧客は誰か、顧客の価値は何か、
われわれの成果は何か、われわれの計画は何か、というものです。
前半の3つのは事業の骨格となり、後半の2つは組織運営の軸となるものです。

 

成果をあげるために

5つの質問の一つひとつのテーマの中に、さらに多くの質問があります。
それらの質問に対する答えを出していくことによって、結果として経営の基盤がつくられます。
そこで、今回の講座は、われわれの機会は何か、われわれの卓越性は何か、
われわれの価値観は何か、われわれの使命は何か、自分たちの事業はいったい何なのか?。
具体的に何をしてお客様のお役に立つ企業なのか?といったことについて熟考して頂きました。
自分たちの事業を定義しないまま、事業を続ければ、「なんとなくやっている」ということになり、
どんな工夫も意味のないものとなり、実際にいい成果をあげることができなくなってしまいます。

 

具体的なアクションプランに

今日、多くの企業がドラッカー5つの質問を取り組むようになりました。
そこで大きな間違いが2つあります。一つは的の外れた答えで答えを明確にしたと
錯覚してしまうことです。二つ目は、考えを整理して終わってしまうことです。
これでは何も起こりません。ドラッカー5つの質問は、考えを明らかにして終わるものではありません。
ドラッカー5つの質問の第5の質問は、「われわれの計画は何か」です。
計画とは、これまでと違う目標を打ち立て、これまでとは違う行動を起こすということです。
ドラッカー5つの質問の最終アウトプットは、アクションプランです。
行動計画です。行動計画を立て、新しい成果が生まれるに至るまで、
ドラッカー5つの質問を取り組まれることをお勧めします。

>詳しく見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.