ホーム  > 経営コラム  > これが、経営者の仕事

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


これが、経営者の仕事

201302091.jpg

トップマネジメントは何を専管とするかを考えなければならない。
それは、全体、一体性、未来にかかわる意思決定である。
全体を見ることができ、全体に責任をもつ者だけが行うことのできる意思決定である。
ピーター・ドラッカー

経営者の仕事は、トップマネジメント

 

やるべきことをやっているのになぜ事業が発展しないのか?。
これは、ある経営者から頂いた質問です。私は次のようなお話をしました。
トップマネジメントは、「事業と組織と人に関わることすべてに意思決定を行う仕事」です。
具体的には、われわれの機会は何か、われわれの強みは何か、われわれの信念は何か、
われわれの使命は何か、われわれの事業は何か、われわれの顧客は誰か、顧客の価値は何か、
われわれの成果は何か、といった基本的な問いに対して答えを出すことです。
それらの問いに対する答えが、経営の骨格です。

 

その骨格の上に、事業の存続と繁栄に関わる分野のすべてに経営目標を立てます。
経営目標の内容は、マーケティング、イノベーション、人材の採用、配置、育成、
そして、生産性の向上、社会的責任などなど、最後に予算です。
一つひとつの分野のつながりを考えないまま、一つひとつの分野を個別のものとして
目標を決めてしまえば、一つひとつの仕事は噛み合わず、
事業は空回りするばかりです。結果として、自分たちで考え出した考えに翻弄されてしまいます。
これが組織に起こる混乱です。

 

組織が成果をあげ、事業を繁栄させていくためには、
組織全体の目標に方向付けた業務の流れを明らかにし、
生きた人間が成果をあげられるように組織をつくり、
一つの全体を創り出していかなければなりません。これをトップマネジメントと言います。
それが、経営者の仕事です。ぜひ、トップマネジメントに取り組んでください。

 

詳しくは、『日本に来たドラッカー 初来日編』でお伝えしています。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.