ホーム  > 経営コラム  > 組織が力を発揮できない深刻な状況

経営コラム

CEOたる者はトップマネジメントチームを作らなければならない。 ピーター・ドラッカー


組織が力を発揮できない深刻な状況

社長と経営幹部の方々.jpg

人間関係の能力をもつことによって、よい人間関係がもてるわけではない。
自らの仕事や他との関係において、貢献を重視することによって、
よい人間関係がもてる。こうして人間関係が生産的となる。
生産的であることが、よい人間関係の唯一の定義である。
ピーター・ドラッカー 

組織の人間関係

 

人間関係が仕事に与える影響

「言っていることはもっともだけど、あのものの言い方は腹が立つ…。」
「営業部と製造部の間で頻繁に摩擦が起こっている。もっと仲良くやってほしい…。」
「一課と二課の責任者の方針が違い、いつも混乱が起こって困る…。」
「どんなに意見を言っても無駄だ。何も言わず仕事をしてた方がいい…。」
「今日はなんか機嫌が悪いようだ。確認したいことがあるが明日にするか…。」

組織の一人として仕事をしていれば、そのような想いになったことは一度はあることと思う。
人間関係が仕事に与える影響は大きい。

 

驕慢は驕慢を映し、謙虚は謙虚を映し出す

三国志の時代、曹操という武将がいた。そこに敵国の張松という男がやってきた。
張松に対して、曹操ははじめから虫が好かなかった。曹操は張松に言った。
「わが大軍が攻めたら、お前の国は逃げ足の速さでも自慢するか」
敵国の使いに対する言葉とはいえ、あまりに無礼である。礼儀は目上の人に対してのみでなく、
人間と人間の間にあるものだ。一国のトップでありながら、それを弁えぬ曹操は、
自分で自分を卑しめていることに気がつかなかった。張松は言い返した。
「あなたの大軍を倒すのに手間はいりません。いつでもわが地へ遊びにいらしてください」
弱国の一兵が、強国のトップを威圧した。

その後、張松は、劉備という武将に会いに行った。
劉備の部下は、懇切を極めた対応で張松を応接した。
先に丁寧な挨拶を述べたのは劉備の方だった。張松は言った。
「私のような貧客に、過分なお出迎え、恐縮です。」
曹操に無礼な態度をとった張松も、劉備の前にあっては謙虚な人だった。
驕慢は驕慢を映し、謙虚は謙虚を映し出す。人と人との関係は鏡のようなものだ。
人の無礼に怒るのは自分への反映に怒っているようなものと言える。
今日、人間関係と言うと、コミュニケーションを術の一つと捉えた稚拙なものも少なくない。
大事なことは、・人に対する誠実さ・感謝の気持ち・尊敬の想いだ。

 

一人ひとりの意欲を奪うもの

組織の人間関係はは思いもよらない影響を及ぼす。
社内の人間関係が物事を煩わし、仕事より人間関係の気遣いが優先され、
肝心な仕事が忘れ去られる。また、役員幹部の序列が意思疎通を妨げ、
適切な決断が攪乱され、重要な決定は宙に浮いたままになる。
あるいは、急ぎの仕事であっても、部門間の対立が障害となり、
気がつくと部門間の調整が仕事となってしまう。

そして、部下は何らかの理由で力の出し惜しみをはじめる。
ベストを尽くせなくなっていく。その理由は、
「言ってもどうせだめに決まっている」というあきらめもある、
また、「どうせ期待されていないから」という悔しさもある。
そのきっかけのほとんどが、組織内の人間関係によるものが多い。
ベストを尽くせる状態でなければ、優れた仕事は行われず、
納得いく成果は生まれない。人が持つ知識や能力とはまったく関係のないところで、
一人ひとりが持つ知識や能力を奪っていく。
日本に来たドラッカーは何を語ったのだろうか。

 

日本に来たドラッカー140207.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,800円(税別)

『ビジョナリ―・カンパニー』の著者、ジム・コリンズはこう語る。
この世にあって何がしかの責任を担う者であるならば、
ドラッカーとは、いま読むべきものである。明日読むべきものである。
10年後、50年後、100年後にも読むべきものである。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

ドラッカー専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.