ホーム  > 経営コラム  > あり得ない、取締役兼○○部長

ドラッカーに学ぶ ”経営コラム”

経営者は経営しなければならない。ピーター・ドラッカー


あり得ない、取締役兼○○部長

経営者の仕事1224.jpg

トップの本来の仕事は、昨日に由来する危機を解決することではなく
今日と違う明日をつくり出すことであり、
それゆえに、 常に後回ししようと思えば、できる仕事である。
状況の圧力は常に昨日を優先する。
ピーター・ドラッカー

取締役は経営にあたる時間がない

 

取締役の仕事とは何か

多くの企業では、名刺に「取締役」と書いてあっても、
経理出身の取締役は相変わらず電卓を叩き、
営業出身の取締役は相変わらず営業に走り回っています。
なぜ、取締役が取締役としての仕事を担ってくれないのでしょうか。
取締役になった人は、一つの分野で際立った成果をあげた結果、
経営陣の一員に昇格した人です。

しかし、「これまで経験を積んできた現場の仕事」と
「会社全体をマネジメントする仕事」はまったく異なります。
ゆえに、取締役になった人も
経営の仕事にどうあたっていいかわからないのです。
部長クラスまでは部門の成果をあげていればよかったものが、
取締役になるとこれまでの仕事の勝手が変わります。
取締役の仕事は何でしょうか。

 

今日と違う明日をつくり出す

ドラッカーはこう言っています。
トップの本来の仕事は、昨日に由来する危機を解決することではなく
今日と違う明日をつくり出すことであり、それゆえに、
常に後回ししようと思えば、できる仕事である。
状況の圧力は常に昨日を優先する。

 

忙殺の中で…

ここで言うトップとは会社の最上層部のことです。
多くの取締役は会社の最上層部でありながら、
取締役兼○○部長というように、一つの部門の責任者を兼任しています。
取締役兼営業部長は、予算が達成できてなければ予算の達成に全力投球し、
取締役兼開発部長は開発の進捗が遅れていれば業務の調整に忙殺されます。
そして、取締役兼管理部長は、広報、経理、労務、法務、知的財産、IR等、
多種にわたる業務の対応に奮闘しています。

このように、取締役兼○○部長は、
「昨日に由来する危機を解決する仕事」に精一杯で、
「今日と違う明日をつくり出す仕事」に使えるは時間がありません。
(続く…)

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.