ホーム  > 経営コラム  > それは、事業の成長に絶対欠かせない

ドラッカーに学ぶ ”経営コラム”

経営者は経営しなければならない。ピーター・ドラッカー


それは、事業の成長に絶対欠かせない

ドラッカーが推奨するトップマネジメントチーム.jpg

アンドリュー・カーネギーが自らの墓碑名に刻ませた、
「おのれよりも優れた者に働いてもらう方法を知る男、ここに眠る」
との言葉ほど、大きな誇りはない。
成果をあげるための優れた処方はない。
ピーター・ドラッカー

事業を成長させていくために

 

誰かの力

事業の成功がメディアで取り上げられる時、
その成功はあたかもトップ一人の功績であるかのように伝えられます。
どんなに優れた人であっても、一人の力で成功していません。
実際は、繁栄している企業のトップは、必ず誰かの力を借りて成功しています。

 

もっといいイエス

軍師、指南役、相談相手など、いろいろな言葉がありますが、
経営者には相棒と呼べるパートナーが絶対に必要です。
徳川家康には本多正信、豊臣秀吉には竹中半兵衛と黒田官兵衛、
劉備玄徳には諸葛孔明をはじめ関羽と張飛に趙雲子龍、
そのような人がパートナーと言えるでしょう。

パートナーとは、「命令する相手でもなく、たとえ組織上の
上下関係があってもそれをわきまえながら対等な話し合いができる人」です。
『釣りバカ日誌』という映画に登場するハマちゃんとスーさんが
まさにそんな間柄です。社長と課長でありながら、
お互い言うべきことをきちんと言い合っています。

事業の成長になくてはならないのは、
「イエスと言ってくれる部下」ではなく、
「ノーと言ってくれるパートナー」です。
ここでいうノーとは、「単なる反対意見」ではなく
「もっといいイエス」ということです。
トップは「自分が考えるイエス」より
「もっといいイエスを言ってくれる人」が必要なのです。

 

有名な言葉

1835年スコットランドに生まれアメリカに渡って
13歳の時から100円程度の週給で働き始めた少年がいました。
彼は家が貧しかったため公式の教育を受ける機会はありませんでした。
鉄橋をつくる会社を創設し、大きな成功を収めました。彼は生涯を通じて、
3500億円以上を教育、文化、平和の機関に寄贈しました。
現在、多くの施設に彼の名が冠せられています。
カーネギー・メロン大学、カーネギー・ホールなどです。
その人の名は、アンドリューカーネギー。
彼の墓碑銘に刻まれている言葉はあまりにも有名です、

 

自分よりも優れた者に働いてもらう方法を知る男、ここに眠る 

 

事業を通じて社会に貢献することこそ本当の成功です。
ドラッカーは、事業を成長させていくためにどうすればいいか、
その対策を教えてくれています。(続く…)

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う
ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.