ホーム  > 経営コラム  > 部下のモチベーションを上げる方法

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


部下のモチベーションを上げる方法

ドラッカー 人材育成

責任に重点を置くことによってより大きな自分を見るようになる。
うぬぼれやプライドではない。誇りと自信である。
一度身につけてしまえば失うことのない何かである。
目指すべきは、外なる成長であり、内なる成長である。

ピーター・ドラッカー

伸びる会社の社員が持つもの

 

 

 

”社員が充分に能力を発揮していない!”。
そんな言葉を経営者の方からよく聞きます。
それは、社員さんに責任を持たせていないからです。

 

某ソフトウエア開発会社に優秀な社員がいました。
彼はその会社の子会社の社長に抜擢され、
すべてその彼に任されるようになりました。
彼は以前「新人が一人前になるのに最低3年はかかる」
と主張していましたが、社長となった半年後、
「新人は半年で一人前になる」と言っていました。

 

実際に、その子会社の新人は、
半年で一人前の仕事をできるようにさせていました。
「3年かかる」という考えが「半年でできる」
という考えに変わったのは、
そう考えさせるだけの責任が彼に発生したからです。
ドラッカーはこう言っています。

 

責任に重点を置くことによって
より大きな自分を見るようになる。
うぬぼれやプライドではない。誇りと自信である。
一度身につけてしまえば失うことのない何かである。
目指すべきは、外なる成長であり、内なる成長である。
ピーター・ドラッカー

 

 

「自分の仕事の最終責任者は、自分自身である」
と認識している人は、能力以上のことを
発揮しようとしていますし、事実、発揮しています。
まさに、経営者が自分の会社を経営しているのと同じ状態です。

 

「自分の仕事の最終責任者は、自分自身である」
といった責任感が、自分能力を高めていくのです。
人は動機づけなどしなくても責任を持たせてあげれば、
自分で考え、自分で決め、自分で動いてくれます。
明日、あなたの部下にこれまでとは違う責任を
与えてあげてください。あなたの部下は変わります。

 

ドラッカーの話を聞きたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.