ホーム  > 経営コラム  > 創業4年目のフェイスブックはこうだった

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


創業4年目のフェイスブックはこうだった

フェイスブック140.jpg

成長することが明らかになったならば、やがて必要となる
トップマネジメント・チームの構築が急務である。
まず創業者自身が、事業にとってとくに重要な活動について
主な関係者と相談しなければならない。
ピーター・ドラッカー

CEOのザッカーバーグはそうしてた

 

フェイスブック山下淳一郎.jpg
会議ではなく話し合い

伸び悩む企業は会議の数が多くて会話の量が少なく、
伸びる企業は会議の数は少なく会話の量が多い。これに例外はありません。
重要なことは、会議という形式ではなく、形式を取っ払った話し合いです。

 

話し合いと言っても、多数決という方法で物事を決めていきましょう、
ということではありません。何かを決める前に、重要なことについて
お互いの理解が深まらないまま、何かが決まっていってしまうのはとても危険です。

 

会社の命運を担う経営チームが、お互いの考えを確認せず物事を決めていってしまえば、
事業は思わぬ方向へと進んでいってしまいます。会議はあっても話し合いの場がなければ
事業が停滞するのは当然です。では、どうすればいいのでしょうか。
ドラッカーはこう言っています。

 

成長することが明らかになったならば、やがて必要となる
トップマネジメント・チームの構築が急務である。
まず創業者自身が、事業にとってとくに重要な活動について
主な関係者と相談しなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

 

一人で何かを決めることはしない

多くの場合、社長が決めたことをメンバーに伝えるという形が多く、
相談という形で話し合いの場を持つことはありません。

 

私は実際、主要なメンバーに相談しながら事業を進めているベンチャー企業を
見たことがあります。2008年、私はシリコンバレーにあるフェイスブックを訪問しました。
2008年当時、日本で「フェイスブック」という会社名を知る人はあまりいませんでした。

 

「フェイスブック?ミクシィの米国版か。すぐになくなるようなベンチャーだな。」
当時はそれくらいにしか思えませんでした。フェイスブック本社を訪問したときに
会社説明をしてくれたのは広報の責任者でした。
私はその担当者に「あなたにとって社長はどんな存在ですか?」と聞きました。

 

このときは、まだフェイスブックの社長が
ザッカーバーグだなんて知りませんでした。
広報の責任者はこう答えました。
「彼(ザッカーバーグ)は一人で何かを決めることはしない。
必ず話し合って決めてくれる。だから、仕事がやりやすい。
きっと、そういう環境をつくろうとしているのだと思う」
このように伸びていく会社は必ず原則に則って仕事をしているものです。

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
著 者 : ドラッカー専門の経営チームコンサルタント 山下 淳一郎 
出版社 : 同友館 1,600円(税別)

トップマネジメントがチームとして機能するには、いくつかの厳しい条件を満たさなければならない。
チームはシンプルではない。仲のよさで機能させることはできない。好き嫌いは問題ではない。
人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。
ピーター・ドラッカー

 

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.