ホーム  > 経営コラム  > お客様のことだけを考える経営会議

ドラッカーの名言

一枚岩の経営チームをつくりたい社長様へ


お客様のことだけを考える経営会議

われわれの計画は何かの事業は何か001.png

われわれの事業を知るための第一歩は、「顧客は誰か」という問いを発することである。
現実の顧客は誰か、潜在的な顧客は誰か、顧客はどこにいるのか、顧客はいかに買うか、
顧客はいかに到達するか、を問うことである。

ピーター・ドラッカー

商品やサービスはお客様中心になっているかを問いただす

 

経営チーム山下淳一郎02.jpg

ある東証1部の上場企業様が、
月に一度、役員全員が一堂に会し、
お客様のことだけを考える経営会議を行っている。
現在、そのお手伝いをさせて頂いている。

 

事業の目的は顧客の創造である。
1954年、ドラッカーはそう断言した。
事業の目的は売上を上げることと考えられていた時代にだ。
顧客の創造というと難しく聞こえるが
「喜んで下さる人を一人でも増やす」ということだ。

 

会社が売上と利益を出さなければならないのは当たり前。
それは国が寄付してくれないからだ。
どんな良い会社であっても利益がなければ生きていくことはできない。
売上と利益は、会社が生きていくために
必要なものであっても、目的ではない。

 

現実、病院は患者さんが一人もいなくなれば存在できない。
学校も生徒がいなくなれば廃校になってしまう。
会社もお客様がいなくなったら生きていけない。
あらゆる組織がお客様に生かされている。

 

一方、すべての人にすべてを提供し、
すべての満足をすべて提供できる会社はこの世にない。
特定の人に特定のことを提供し、特定の満足を提供することはできる。
ここでいう、特定の人が対象顧客だ。
内科の病院は風邪を引いた人に治療を行ない、
外科の病院は骨折した人に治療を行ない、
歯医者は、歯周病の人に治療を行なう。
御社はどんな人に何を行うのかー。

 

その本が面白かったかどうかを決めるのは読者だ。
そのワインがおいしいかどうかを決めるのはお客様だ。
何から何までお客様が決定権を持っている。
自分たちがこれはいいと思える商品であっても、
お客様にいいと思ってもらわなければ、
単なる自己満足になってしまう。
だから、お客様のことを考えず事業を考えることはできないし、
お客様のことを知らずして事業を進めることはできない。

 

ところが私たちの日々の現実は、
組織内部の都合や自分たちの問題に目がいってしまう。
気が付くとお客様のことを考えることを忘れてしまう。
恐ろしいことだ。それでは、成果をあげる力を失い、
やがて事業は停滞してしまうからだ。
では、どうすればいいのだろうか。
ドラッカーはこう言っている。

 

われわれの事業を知るための第一歩は、
「顧客は誰か」という問いを発することである。
現実の顧客は誰か、潜在的な顧客は誰か、
顧客はどこにいるのか、顧客はいかに買うか、
顧客はいかに到達するか、を問うことである。
ピーター・ドラッカー

 

お客様は日々刻々と変化している。
だから、事業はお客様中心に考え、
お客様中心に進めていかなければならない。
ぜひ、お客様のことだけを考えるミーティングを持って頂きたい。
今まで見えなかったものが浮かび上がり、
なんとなく提供していた商品やサービスに
劇的な改善が加えられるかもしない。

 

ドラッカーの話を聞きたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.