ホーム  > 経営コラム  > 大統領のための六つのルール

ドラッカーの名言

年商100億から300億企業の経営チームをつくりたい社長様へ


大統領のための六つのルール

社長の仕事140.jpg

弱い大統領であっても、マネジメント上の六つのルールを守る限り
は非常な力を発揮することができた。逆にいかに強い大統領であっても、
それらのルールを守らなければ力を発揮することができなかった。

ピーター・ドラッカー

ホワイトハウスを会社、大統領を社長と例えて

 

経営人材_トップマネジメント株式会社002.jpg

大統領のための6つのルールというタイトルを見て、
政治の評論と思われたかもしれません。政治の話はここで述べません。
大統領とはリーダーです。経営者もリーダーです。
リーダーが責務を話すために必要なことは何かということについてお話をします。

 

第一のルール「何を行なわなければならないかを考える」

何を行ないたいかに固執してはいけません。
たとえ選挙の公約であったとしてもです。
1945年に大統領に就任したトルーマンのやりたいことは、
「国内の経済を改革をすること」でした。
しかし、トルーマンは、自分のやるべきことは、
「国外のトップを交流すること」をしました。
トルーマンは、「自分のやりたいこと」ではなく、
「やるべきこと」を考え抜いたのです。
トルーマンは、外交についてアメリカ史上最高の成果をあげました。
「自分のやりたいこと」ではなく、「やるべきこと」を考え抜くことは
リーダーである社長の必須要件です。

 

第二のルール「集中せよ、二兎を追うなかれ」

1981年、レーガン大統領は、過去、インフレが高いと失業率は低下し、
インフレが低いと失業率が高くなる傾向がありました。あくま過去の論理です。
レーガンが大統領に就任した時、インフレ率が高く、失業率は大恐慌以来
10%に跳ね上がりました。レーガンは、雇用を増やすために、
「インフレを抑えること」を集中しました。
1981年、史上最高の雇用拡大の基礎をつくりました。
レーガンは国民の信頼を得て、その信頼は任期満了まで失うことはありませんでした。
あれもこれも手を出さず、一つのことに集中した結果、大きな成果をあげたのです。
社長はあまりに忙し過ぎません。二兎を追っては成果をあげることはできません。
一番重要な仕事に力を入れてこそ、成果をあげることができます。集中せよです。

 

第三のルール「常識を疑う」

失敗の多くは、問題を問題と気付いていないことから起こります。
注意を払っていないところに問題は隠れていて、
それが、成果をあげることの妨げとなります。
あまり前に「なぜ」を付けて考えることこそ、経営者の仕事です。

 

第四のルール「細かいことに手出しをしない」

自分がやらなくてもできることは自分で行ってはならないということです。
大統領は現場から戸尾置く離れたところに身を置き、他者を通じて
受け取る報告に頼っています。細かい事をすべて自分で把握して、
細かい事すべてに決定を下すことはできません。
ルーズベルトは、歴史史上、最も国民の支持を受けた大統領でした。
そんな彼はは、こう言っていました。「決定が私が行う。
しかし、その実行は閣僚に任せる口は出さない。」社長も同じです。

 

第五のルール「政権に友人を入れてならない」

このルールを無視した大統領は皆、公開することになっています。
トップと特別親しいがいれば、組織はおかしくなります。
経営陣の中に、社長と特別親しい人がいれば
力を合せて働く人たちの人間関係は壊れます。その人に逆らえなくなり、
ほかの役員はその人のイエスマンになるか、仲間割れがおき、
優れた仕事は行われなくなります。

 

第六のルール「キャンペーンをしない」

この言葉は、ハリー・トルーマンが、大統領に就任したばかりのケネディに
言ったアドバイスです。それが「キャンペーンをやめよ」です。
自分の人気取りを目的とした発言と行動をやめて、
国のため、国民のためを働け、というアドバイスです。
キャンペーンとは、ある期間に、ある切り口で、あるアピールを行う宣伝活動です。
トップの仕事は、継続的に、一貫した切り口で、成果をあげることです。
経営者は、自分のことは考えず、社会のため、お客様のためを
考えなくてはならないと言うことです。

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
ドラッカーが教える 最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2017 Top management All Rights Reserved.