ホーム  > 経営コラム  > [書評] 経営理念とミッションはどう違う?

ドラッカーの名言

未来に何かを起こすには勇気を必要とする。努力を必要とする。ピーター・ドラッカー


[書評] 経営理念とミッションはどう違う?

ドラッカーlifehacker140.jpg

成功を収めている企業は、『われわれの事業は何か』を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって
成功がもたらされている。

ピーター・ドラッカー
lifehacker掲載 Photo: 印南敦史様より

 

ドラッカー5つの質問 (山下淳一郎著 あさ出版)

 

書評_lifehackerドラッカー.jpg

lifehacker掲載 Photo: 印南敦史様より

 

『ドラッカー5つの質問』(山下淳一郎著、あさ出版)
の冒頭には、成功を収めている企業とそうでない企業との
違いに関する、ドラッカーの言葉が引用されています。

 

成功を収めている企業は、『われわれの事業は何か』を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって
成功がもたらされている。
ピーター・ドラッカー

 

 

「われわれの事業を問う」とは、
わが社の事業はどうあるべきかを徹底的に考え抜き、
わが社のあるべき姿を明らかにするということ。
そして、経営者のそんな仕事の助けとなってくれるのが、
「ドラッカー5つの質問」。そこには経営者が
「考えるべきこと」「決めるべきこと」「行うべきこと」が、
問いかけの形でまとめられているのだということです。

 

「ドラッカー5つの質問」は主語がすべて「われわれ」だ。
主語が「われわれ」であるということは、
これらの問いに対する答えは社長一人で考え込むものではなく、
経営チームのメンバーと共に取り組むべきこと
であることを示している。

 

さらに言えば、経営チームは答えを共有する前に、
問いを共有しなければならない。そして同じ問いに対して、
全員から同じ答えが出てくる状態にならなければならない。
経営チームが一枚岩にならずして
会社のさらなる成長はあり得ないからだ。
(「まえがき」より)

 

ドラッカー専門のマネジメントコンサルタントである著者は、
ドラッカー理論に基づいた経営チームコンサルティングファームである
トップマネジメント株式会社 代表取締役。
いわばドラッカー理論の第一人者です。
そうした実績を活かして書かれた本書の
「第1の質問 われわれのミッションは何か」から、
いくつかのポイントを引き出してみましょう。

こちらからお読みになれます。(クリックするとlifehackerのサイトにいきます)

 

 

ドラッカー5つの質問140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカー5つの質問
著 者 :山下 淳一郎
出版社 :あさ出版 1,300円(税別)

成功を収めている企業は、「われわれの事業は何か」を問い、
その問いに対する答えを考え、明確にすることによって
成功がもたらされている。

ピーター・ドラッカー

 

ミッションを組織に浸透させたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.