ホーム  > 経営コラム  > [連載] 大統領のリーダーシップ 第1回

ドラッカーの名言

社長様に経営のヒントをお伝えしています。山下 淳一郎


[連載] 大統領のリーダーシップ 第1回

経済界2018.jpg

弱い大統領であっても、マネジメント上の六つのルールを
守る限りは非常な力を発揮することができた。
逆にいかに強い大統領であっても、それらのルールを
守らなければ力を発揮することができなかった。

ピーター・ドラッカー

 

第1回 何を行わなければならないかを問え

 

ドラッカーで読み解くリーダーシップ2018.jpg

 

はじめに

『ドラッカーで読み解く大統領のリーダーシップ』と題して、
経営者のリーダーシップについてお伝えしています。

 

大統領の仕事は、世界のリーダーとして国民の安全を確保し、
国を繁栄させる仕事である。経営者の仕事も社会のリーダーとして、
お客様にお応えし、会社を繁栄させる仕事だ。
そのスケールこそ違っても、厳しい環境に置かれたなかで
リーダーシップを発揮しなければならない職性の本質に違いはない。
本連載では、ドラッカーが記した「大統領のための六つのルール」から、
企業経営者にとっても参考になるリーダーシップの「本質」に迫る。

>「経済界」で詳しく読む

 

 

それが、マネジメントだったのか

私たちの暮らしは、もともと自給自足だった。
やがて物々交換が始まって物が流通し、経済が生まれた。
現在は、自動的に電気がつき、蛇口をひねれば水が出る。
欲しい物をネットで注文すれば翌日届くようにもなった。
このように、かつて人々は自給自足していたが、
今ではすべて企業が作った物を買って生活している。
〝私たちの暮らしは、企業が作り、
企業が提供するものですべて成り立っている。

 

また、交通事故が起これば救急車が駆けつけ、
山で遭難すればレスキュー隊が助けに来てくれる。
体調が悪くなれば診察してくれる病院があり、
火災が起これば消防車が火を消しに来てくれ、
繁華街では警察が常にパトロールしている。
〝私たちの安全は、それぞれの分野で運営される
組織の働きによって支えられている〟
ドラッカーはこう言っている。

 

 

主な社会的課題はすべて、マネジメントによって運営される
永続的存在としての組織の手にゆだねられた。
ピーター・ドラッカー

>「経済界」で詳しく読む

 

 

社会に対する使命に基づいて組織が運営され、
そこで働く一人ひとりが、想いを合わせて
社会に良い影響をもたらすこと―。それこそが、
人間が安心して生きていける社会の姿であり、
その英知が〝マネジメント〟なのだ。

 

人間なくしてマネジメントが先行することはない。
どんなに優れたマネジメントも、それを実行するのは人間だ。
事業が成功するかしないかは、リーダーが善きマネジメントを
務めるかどうかで決まる。ドラッカーは、
「大統領のための6つのルール」と題して、
マネジメント上の6つのルールを明らかにしている。

 

 

弱い大統領であっても、マネジメント上の六つのルールを守る限りは
非常な力を発揮することができた。逆にいかに強い大統領であっても、
それらのルールを守らなければ力を発揮することができなかった。
ピーター・ドラッカー

>「経済界」で詳しく読む

 

 

マネジメント上の6つのルール

ルールという言葉を聞くと「誰かがつくった規則」
のような意味として聞こえるかもしれないが、
ここでいうルールとは原則のことである。
原則とは、物事が成り立つおおもとのことだ。

 

1945年に米国の大統領に就任したトルーマンは、
就任前に公約したことは「国内の経済を改革すること」だった。
国内の経済改革は、彼が一番やりたい仕事だった。
しかし、大統領就任後、自分のやるべきは
「国内の経済を改革すること」ではなく、
「国外のトップを交流すること」だと考えを改めた。

 

当時の世論は、トルーマンを「リーダータイプではない」
と揶揄していた。彼は大統領として大きな期待をされていなかった。
しかし、彼には「自分のやりたい仕事」に引っ張られず
「自分のやるべき仕事」を考える能力があった。
彼は「何を行わなければならないかを問い、
それを決断する真摯さがあった。

>「経済界」で詳しく読む

 

 

その結果、彼は外交についてアメリカ史上最高の成果をあげた。
「マネジメントは物事を正しく行う事で、
リーダーシップとは正しい事をすることである。」とドラッカーは言った。 
リーダーとは「リードする人」のことで、
シップとは「振る舞い」を意味する言葉だ。
厳しい現実の中にあって、物事を価値ある方向へ
導ける人こそがリーダーといえよう。

 

「何を行わなければならないかを問え」
という仕事こそリーダーが引き受けなければならない
第一の要件なのだ。今あなたがリーダーとして、
何を行わなければならないかを問うたとしたら、
どんな仕事が浮かび上がるだろうか。

>「経済界」で詳しく読む

 

 

リーダーシップの力を高めたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.