ホーム  > 経営コラム  > 組織に力を与える社長

ドラッカーの名言

未来に何かを起こすには勇気を必要とする。努力を必要とする。ピーター・ドラッカー


組織に力を与える社長

経営チーム山下淳一郎140.jpg

不得手なことに時間を使ってはならない。
自らの強みに集中すべきである。

ピーター・ドラッカー

 

事業を運営していくために必要なもの

 

ドラッカー山下淳一郎トップマネジメント株式会社03.jpg

会社の状況に応じて、社長が直面する課題は違う。
分りやすくお伝えするため、言い切りをお許し願えれば、
創業社長はマーケティング。二代目はマネジメント。
三代目はイノベーション。異なる三者が同時にいてこそ、
事業は安定的に成長していく。

 

マーケティングに強みを持つ創業社長の
ほとんどがマネジメントを不得手とする。
二代目社長はイノベーションという課題に直面する。
イノベーションに成功した二代目社長は
事業に安定をもたらす。しかし、その安定も束の間だ。

 

三代目は、これまでにない新たな局面を迎える。
課題が広範囲に渡るがゆえに焦点が定まらず、
最もやるべき重要な仕事は何かをいう問いに、
答えられなくなる。混迷の度はますます高くなる。
こんなとき、どうすればいいのだろうか。
ドラッカーはこう言っている。

 

不得手なことに時間を使ってはならない。
自らの強みに集中すべきである。
ピーター・ドラッカー

 

 

マネジメント、マーケティング、イノベーションという
異なる分野すべてに強みを持つ人間はこの世に存在しない。
誰が何と言おうと、そんな超人は絶対に存在しない。
三代目の社長は、最もやるべき重要な仕事は
経営チームの構築であることを自ら発見する。

 

マーケティングとイノベーションが同時に行なわれる
高度なマネジメントを持たなければならないことを理解する。
その理解に至らない社長は事業を破綻に追いやる。
その理解に至る社長だけが組織を再生し、
事業に新たな力を与え、事業を成長させていく。

 

経営者は下記のように、異なる分亜の仕事を同時に
進めていかなければならない。
不得手なことに時間を使わず自らの強みに集中するために、
異なる強みを持つ経営チームが必要なのだ。

 

事業の推進
  1. 理念に基づいたビジョンがある。
  2. 顧客を知り顧客応える。
  3. 事業を点検して軌道修正を行う。

 

組織の運営
  1. 社長一人で仕切らない。
  2. 成果を上げる組織をつくる。
  3. 制度やルールを整える。

 

事業の革新
  1. 過去の成功を捨てる。
  2. 新たなニーズを創り出す。
  3. 新商品・新サービスを生み出す。

 

 

経営チームをつくりたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.