ホーム  > 経営コラム  > 存続し続ける企業とそうでない企業の違いは?

ドラッカーの名言

社長様に経営のヒントをお伝えしています。山下 淳一郎


存続し続ける企業とそうでない企業の違いは?

drucker-topmanagement140.jpg

草創期の企業は一人の人間の延長である。しかし、一人のトップマネジメントから
トップマネジメントチームへの移行がなければ、企業は成長どころか
存続もできない。成功している企業のトップの仕事は、チームで行われている。

ピーター・ドラッカー

 

会社を永続させる唯一の方法

 

drucker-topmanagement2018.jpg

@amanaimages

 

ドラッカーの本を隅から隅まで読んでいる人であっても、
ドラッカーの理論を熟知している人あっても、
実践しなければ、なんの成果も生まれません。

 

逆に、ドラッカーの本を一度も読んだことがない人
であっても、ドラッカーのドの字も知らない人
であっても、経営の基本と原則をに則って、
経営の仕事にあたっている人は成果をあげています。

 

ドラッカーの本を一度も読んだことがないはないけれど、
経営の基本と原則をに則って、経営の仕事にあたってきた人。
今日は、そんな経営者を紹介します。
本田技研工業の元副社長、藤沢武夫さんです。

 

藤沢武夫さんは、役員が集まる大部屋というものを
つくりました。当時、ホンダの取締役はすべて
本部長を兼任し、そのほとんどが本部長として
仕事をしているだけでした。当時の取締役は、
言わば名誉職に過ぎなかったのです。

 

名誉職に過ぎなかった取締役に、取締役本来の仕事を
してもらろうと藤沢武夫さんは考えたのです。
そのために行なったことが、本部長という兼任を解き、
大部屋という役員室に集まってもらうということでした。
藤沢武夫さんの考えはこうでした。

 

―ここから―

『取締役とは一体なんだろうかといえば、
それは未知への探究をする役です。
取締役が未知への探究をしないで、
後始末ばかりしている掃除屋であってはならない、
というのが私の考えです。

 

取締役になるくらいの人は、
なんらかのエキスパートです。
そういう人の担当部門をなくし、
身一つで大部屋に集まってもらいました。
取締役の本部長兼任を外したのです。反対はありました。
今ままでは毎日現場で仕事をしていたのに、
ここに来てもやることがない!」というわけです。

 

“いや、取締役は何もしなくていい。
何もないゼロのなかから、うちの会社はどうあるべきか
を考えるのが取締役の役目で、日常業務を片付けるのは
部長以下の仕事だ。だから、役員は全部こっちへ来て、
何もないところからどうあるべきかを探してほしい”
と私はいったんです。

 

そうしたら、長い間工場にいたから
本社に来てもしょうがないとか、
やれいままでは経理をいじっていたとか、
資材だ、営業だと、いろいろなことをいうわけです。
それまでは部下も大勢いたのに、役員全体に
秘書二人ほどの生活になって、かなり不満だったようです。

 

とにかく、みんなで大部屋に入って、
毎日ムダ話をしていてほしい、といっているうちに、
いろいろなことが出てきました。
それまでは各部のなかにおける話題だったものが、
つまらないことでも取締役としての話題になると、
そこに共通の考えがどんどん分厚になってきました。

 

アメリカでの売行き不振とか欠陥車などの
大問題が起こったときも、この役員室で非常に
レベルの高い集団思考が行なわれました。
もし私が会議の主導権を握っていたら、
それほどレベルの高い判断は出てこなかった
だろうと思います。これからの発展も
期待できなかったと思います。

 

こうして、もはや本田なり私なりが決めるのではなく、
下からのアイデア、上からのアイデア、
いろいろなものをこねまわし、集団思考で
やっていける体制づくりが完成していったわけです。

 

本田も私も、オブザーバーにもならず、
ぜんぜん圏外にあって、役員会議で決まったものを
見せてもらい、よろこんでいるだけですが、
この体制は本田や私がいなくなっても
存続できると確信しています。

 

すべて本田宗一郎がいなくなったらどうするか、
というところから発想されたことです。
本田の未知への探究という基本は
貫かなければならないけれど、
彼個人の挑戦には限界があります。

 

彼の知恵が尽きても、それに代るものが
どんどん現れてくるような、
それでも逆に企業が伸びていくような
組織体をつくったつもりです。』

―ここまで―

 

以上が、藤沢武夫さんの考えであり、
藤沢武夫さんのやってきたことです。
ドラッカーはこう言っています。

 

草創期の企業は一人の人間の延長である。
しかし、一人のトップマネジメントから
トップマネジメントチームへの移行がなければ、
企業は成長どころか存続もできない。
成功している企業のトップの仕事は
チームで行われている。
ピーター・ドラッカー

 

 

まさに、社長一人の経営から、
集団経営体制に移行していかなければ、
企業は存続できない、ということですね。
経営にウルトラCはありません。
地道に、コツコツやるだけです。
正しい努力は嘘をつきません。

 

役員同士が日頃から顔を合わせて
認識を共有して仕事をするという
藤沢武夫の考えは受け継がれホンダは
今もトップの仕事をチームで行っています。
会社を永続させるために、ぜひトップマネジメントチーム、
集団経営体制をつくってください。

 

ドラッカーb140.jpg
詳しくは、こちらでお読みになれます

ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方|山下 淳一郎

人間関係に関わりなく、トップマネジメントはチームとして機能しなければならない。

ピーター・ドラッカー

 

 

会社を永続させたい社長様へ

 

ドラッカーセミナー山下淳一郎140.jpg

基本と原則に反する者は例外なく破綻する。
ピーター・ドラッカー

今以上に事業を伸ばしていくためには基本と原則は不可欠です。
さらなる発展のために、ドラッカーを学びましょう。

ドラッカーのセミナー」を見る

明日から経営が変わる!メルマガ

ドラッカーを実践すれば成果があがる! 経営のワンポイント


ドラッカー5つの質問
amazonで買う
新版 ドラッカーが教える最強の経営チームのつくり方
amazonで買う
日本に来たドラッカー 初来日編
amazonで買う

経営チーム専門のコンサルティング
トップマネジメント株式会社
渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階
秘書受付:03-4405-9175 FAX 03-6700-6670
お問い合わせ
弊社及び弊社のサービスは、The Druker 1996 Literary Works Trust及びダイヤモンド社と関係ありません。

Copyright © 2018 Top management All Rights Reserved.